2018.9.28 15:36

ドイツ代表監督、自国でのユーロ開催喜ぶ 若手の奮起に期待

ドイツ代表監督、自国でのユーロ開催喜ぶ 若手の奮起に期待

ドイツ代表監督、自国でのユーロ開催喜ぶ 若手の奮起に期待

ドイツ代表監督、自国でのユーロ開催喜ぶ 若手の奮起に期待【拡大】

 現地時間27日、ユーロ2024の開催国がドイツに決定した。ドイツは競合となったトルコを破り、西ドイツ時代の1988年以来となる開催が決まった。

 この結果を受けて、現ドイツ代表指揮官ヨアヒム・レーブが、ドイツサッカー連盟の公式メディアを通して、次のように述べている。

 「この大会はドイツにとって例外的なもの。欧州選手権のようなビッグトーナメントは、若手選手にとっても目指すべき大会としていいモチベーションになるはずだ」

 2014年のブラジル・ワールドカップでドイツを世界一に導いた指揮官レーブ。今年5月にはドイツ代表監督としての契約を2022年まで延長したばかりだが、ディフェンディング・チャンピオンとして臨んだロシアW杯では、グループリーグ1勝2敗で早期敗退を余儀なくされていた。

 直近のW杯で評価を落としたレーブ監督だったが、自国開催となるユーロ2024を目指すかどうかについては明言を避けている。

 一方で2014年に主将としてW杯を掲げたフィリップ・ラームは「ドイツには優れたスタジアムがあり、サッカーを愛するファンが数多くいる。ユーロ開催はとても嬉しいことだし、この結果に安堵している」と述べている。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. ドイツ代表監督、自国でのユーロ開催喜ぶ 若手の奮起に期待