2018.9.26 20:15

ネスタ、マルディーニ氏の古巣復帰を歓迎「彼はACミランにいるべき」

ネスタ、マルディーニ氏の古巣復帰を歓迎「彼はACミランにいるべき」

ネスタ、マルディーニ氏の古巣復帰を歓迎「彼はACミランにいるべき」

ネスタ、マルディーニ氏の古巣復帰を歓迎「彼はACミランにいるべき」【拡大】

 ペルージャの指揮官アレッサンドロ・ネスタが24日、『DAZN』のインタビューに応じ、ACミラン時代の同僚であるパオロ・マルディーニ氏やジェンナーロ・ガットゥーゾについて語った。

 ACミランでは今夏、中国資本の前体制から米エリオット・ファンド新体制へと移行。昨年11月からトップチームの指揮を執るジェンナーロ・ガットゥーゾに加え、レオナルド氏やパオロ・マルディーニ氏がフロント入りを果たし、往年のスターが集結した。自身も2002年から10年間にわたり、ACミランでプレーしたネスタは、スポーツ部門の戦略開発ディレクターとして古巣復帰を決めたマルディーニについて、自身の見解を示した。

 「彼とは話をしたけど、新たな役職にぴったりだよ。パオロはACミランにいるべきだ。むしろ家にいた時間が長すぎたくらいだ。ガットゥーゾやレオナルドも含めて、彼らはACミランにおいてどうあるべきかを理解している。ACミランに相応しい振る舞いをしなければならないが、近年は忘れ去られていた。だが歴史を消し去ることはできないはずだよ」

 続いてガットゥーゾについても言及。ACミランの闘将として君臨し、チームを束ねていることを喜んだ。

 「リーノはサッカーなしでは生きていけないもう1人の人物だ。クラブの問題や破綻の影響で、監督としてのキャリアは順風満帆ではなかったが、今は彼に相応しい場所にいる。それに彼のチームは良いプレーをしているよ。私はいつでもリーノを応援しているよ」

 ■ACミラン移籍の舞台裏も明かす

 またネスタは、下部組織から所属していたラツィオを退団し、ACミラン移籍を決めた当時を振り返った。

 「当時は移籍したくないと思っていた。その前年にはビッグクラブのオファーを断ったけど、移籍するしかないと悟った。クラブは借金を抱えていて、チームは6~7カ月間にわたり給料を受け取っていなかった。私は裏切り者だと言われるけど、こういう事情だったんだ」(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. ネスタ、マルディーニ氏の古巣復帰を歓迎「彼はACミランにいるべき」