2018.9.25 21:41(3/3ページ)

浦和が見せた3ボランチの可能性 柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ

浦和が見せた3ボランチの可能性 柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ

浦和が見せた3ボランチの可能性 柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ

浦和が見せた3ボランチの可能性 柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ【拡大】

 「守備のところで自分がコントロールできるところはした」と柏木。チームメートも攻守に3ボランチの手応えを口にする。

 「3人でスライドしてポジションを代わることもありました。相手が進入したところでファーストDFを決めていた。互いのプレーも分かっているのでやりやすかった」(長澤)

 「長澤選手、柏木選手、青木選手、攻撃だけじゃなくて、守備のところでもハードワークをしてくれた。何よりも相手が一番守っていて嫌なところにポジションを取ってくれていた」(槙野)

 神戸に「(ボールを)持たせていても怖くないという気持ちでプレーした」と、柏木が語るように、「持たれる」というより「持たせる」狙いがあった。結果的に神戸は効果的な縦パスを供給できず、痺れを切らしたポドルスキが下がってプレーすることになり、怖さは半減した。

 まさに狙い通りの展開。神戸の林暫定監督も、浦和のタイトな守備に手こずったことを認めている。

 「良いポジションにいるルーカス(ポドルスキ)のところにボールを入れる、中盤で人数をかけて優位に立ちたい狙いがあった。ただ、ボールを運んでうまく相手を引き出してボールを空いているところに付けていくという作業が少し足りなかった。浦和がしっかり人に付いてくるディフェンスをしていた」(林暫定監督)

 ここに来て新たなオプションがハマったことは、終盤戦に向けて好材料だろう。残り7試合、ACL出場圏まで勝ち点差は5。勝ち続ければ3位滑り込みも夢ではない。

 「チームとしてどう戦うか、一人ひとりが考えて戦えている。それが良い結果になった。これで3位まで見えてきた。上を見て戦っていきたい」

 柏木はそう言って兜の緒を締めた。頼れる10番の帰還は、ACL圏浮上を目指す浦和をさらに加速させる。(Goal.com)

 取材・文=大西勇輝(Goal編集部)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 浦和が見せた3ボランチの可能性 柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ