2018.9.25 21:41(1/3ページ)

浦和が見せた3ボランチの可能性 柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ

浦和が見せた3ボランチの可能性 柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ

浦和が見せた3ボランチの可能性 柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ

浦和が見せた3ボランチの可能性 柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ【拡大】

 ■圧倒的な存在感を放った背番号10

 浦和レッズは23日の明治安田生命J1リーグ第27節でヴィッセル神戸を4-0で粉砕。55,689 人を集めた満員の埼玉スタジアム2002で圧巻のゴールショーを披露した。戦前の注目はやはり、神戸のアンドレス・イニエスタであったが、ケガの影響でベンチ入りせず。“メイン不在”のなかで、主役に躍り出たのは約3週間ぶりに先発復帰を果たした浦和の柏木陽介だった。

 試合前々日、雨の中でスタートしたトレーニングに柏木の姿があった。左内転筋の張りにより、前節・横浜F・マリノス戦は出場を回避。その後神戸戦への出場を目指して調整を続けてきた。神戸戦で復帰したい--。その思いはトレーニングに臨む目つきから明らかだった。「世界で唯一、ユニフォームを交換したい選手」と、イニエスタとの対戦を待ちわびていたことも10番を奮わせた。結局、イニエスタはベンチ入りしなかったが、柏木は1日の第25節・セレッソ大阪戦以来の先発出場となった。

 この試合、浦和は従来の3-4-2-1ではなく、3-3-2-2の形を採用する。青木拓矢を1ボランチに置き、柏木と長澤和輝をインサイドハーフに配置。守備時には3ボランチ気味になる形を取った。

 浦和は序盤から神戸にボールを保持される。神戸はスペイン人のファン・マヌエル・リージョ氏を新監督に迎えて以降初のリーグ戦であり、より「攻撃的ポゼッションサッカー」を目標に掲げて埼スタでの戦いに臨んでいた。リージョ氏の就労環境が整うまでは、林健太郎アシスタントコーチが暫定的に指揮。そうしたことこともあり、浦和にとって神戸にボールを握られる展開は、ある程度予想の範囲内だった。

 一方でこの日の浦和は中盤の3枚がしっかりつないで組み立てていく形をとる。その中で柏木は、クサビに入りワンタッチでさばいて速攻への流れを作ったり、味方選手をうまく使って自らが決定的なパスを出せる位置にフリーで受けたりを繰り返した。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 浦和が見せた3ボランチの可能性 柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ