2018.9.23 20:16(1/2ページ)

5万5千超えの埼スタで浦和がゴールショー!イニエスタ不在の神戸は泥沼4連敗

5万5千超えの埼スタで浦和がゴールショー!イニエスタ不在の神戸は泥沼4連敗

5万5千超えの埼スタで浦和がゴールショー!イニエスタ不在の神戸は泥沼4連敗

5万5千超えの埼スタで浦和がゴールショー!イニエスタ不在の神戸は泥沼4連敗【拡大】

 23日に明治安田生命J1リーグ第27節が行われ、浦和レッズとヴィッセル神戸が対戦した。

 浦和はオズワルド・オリヴェイラ監督がベンチ入り停止処分が明け、今節から復帰。連勝を狙う神戸戦は、左脚内転筋の張りを訴えていた柏木陽介がスタメンに復帰。従来の3-4-2-1ではなく、3-3-2-2の形をとる。青木拓矢の1ボランチに柏木と長澤和輝のインサイドハーフを組み、興梠慎三と武藤雄樹が2トップを形成した。

 一方の神戸は現在3連敗中。17日に吉田孝行監督を解任し、スペイン人のファン・マヌエル・リージョ氏の新監督就任を発表した。リージョ新監督は登録の関係で今節指揮することができないため、林健太郎アシスタントコーチが暫定監督としてチームを率いる。注目されたアンドレス・イニエスタはベンチ外となり、スタメンも大きく変更。郷家友太が中盤に入り、前線は長沢駿とウェリントンがツインタワーを形成した。

 割れんばかりの大歓声のなかスタートしたゲームは、序盤の15分は両チーム攻めあぐねて停滞気味に。最初のビッグチャンスは18分、浦和は柏木のFKからファーサイドで待ち受けていた槙野智章がヘッドで狙うも、枠の左に外してしまう。

 しかし浦和は23分、柏木が左サイドからクロスを送ると、一旦クリアされたがセカンドボールを奪うと、青木がPA手前から強烈なミドル。これが決まり浦和が先制に成功した。一方の神戸はポドルスキが中盤まで下りてきて、組み立てに参加するも、前線のツインタワーまでボールをつなぐことができない。

 すると浦和は42分、敵陣中央付近でボールを持った柏木が、左足で興梠に絶妙なロングパス。これに抜け出した興梠が足を伸ばし、コースを変えてゴールに流し込んだ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 5万5千超えの埼スタで浦和がゴールショー!イニエスタ不在の神戸は泥沼4連敗