2018.9.22 20:11

横浜M、残留へ貴重な勝ち点3 指揮官「勝利に値するパフォーマンスだった」

横浜M、残留へ貴重な勝ち点3 指揮官「勝利に値するパフォーマンスだった」

 明治安田J1第27節第2日(22日、磐田1-2横浜M、ヤマハ)横浜Mはめまぐるしく流れが変わった試合を制し、残留へ貴重な勝ち点3を手にした。ポステコグルー監督は「同点にされたが良いリアクションがとれた。勝利に値するパフォーマンスだった」と納得顔だった。

 前半8分に遠藤の得点で先制し優位に試合を進めたが後半に同点とされ、その後も猛攻を受けた。それでもGK飯倉のセーブなどでしのぐと、終盤に山中が左足を一閃。低い弾道のミドルシュートを右隅に沈めた。山中は「あのコースしか入らなかったと思う。結果にこだわって全員で戦えた」と殊勲のゴールを誇った。

横浜M・遠藤「久しく(点を)取ってなかったし、(今日の得点で)いいイメージが自分の中でできた」

横浜M・飯倉「何より必要なのは結果なので良かった。1試合で数本はピンチがある。また止められるようにしたい」

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 横浜M、残留へ貴重な勝ち点3 指揮官「勝利に値するパフォーマンスだった」