2018.9.20 16:34

【J試合情報】ジュビロ磐田vs横浜F・マリノス 9月22日

【J試合情報】

ジュビロ磐田vs横浜F・マリノス 9月22日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・今カード通算49試合では磐田が22勝3分24敗とわずかに負け越している。前回対戦では磐田が3-1で勝利を挙げた。

 ・磐田は横浜FM戦では現在2連勝中。今季前回対戦でも勝利している同クラブが今節も勝利すると、横浜FM戦では2006年以来のシーズンダブル(2勝)を記録する。

 ・磐田は前回のホーム戦、第25節の名古屋戦でクラブ史上ワーストの6失点を喫して敗れた。これ以前の本拠地4試合(2勝2分)での総失点数と同数。

 ・横浜FMは今季第2節以降10位以下に位置している。同クラブが1シーズンで、これまでもっとも長い期間10位以下に位置したのは2008年の第14節から最終節までの21試合。

 ・横浜FMは今季リーグ最多の43得点を挙げているが、失点数もリーグで2番目に多い(45、長崎の48失点がワースト)。今季J1で40得点及び40失点以上を記録しているのは、名古屋(42得点、45失点)と2チームだけ。

 ・横浜FMは今季PA外から、もっとも多く失点を喫している(9)。

 ・川又堅碁(2017年10月29日)と、田口泰士(今年5月12日)は、横浜FM戦直近2試合で、それぞれ1試合2得点を記録している。

 ・ウーゴ ・ヴィエイラは前節の浦和戦で今季10得点目を記録した。optaが2015年にJ1のデータ集計を開始して以降、横浜FMの選手が2年連続二桁得点したのは初(2017年も10得点)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】ジュビロ磐田vs横浜F・マリノス 9月22日