2018.9.18 14:41(2/4ページ)

相手の急所を突くナナメのホットライン 浦和の狙いがピタリとハマった理由

相手の急所を突くナナメのホットライン 浦和の狙いがピタリとハマった理由

相手の急所を突くナナメのホットライン。浦和の狙いがピタリとハマった理由

相手の急所を突くナナメのホットライン。浦和の狙いがピタリとハマった理由【拡大】

■形にならなかった前半

 この試みは、試合序盤から何度も見ることができた。

 最終ライン中央に入ったマウリシオが何度も対角線のロングボールで、サイド目一杯に張る左の宇賀神、あるいは右の橋岡に展開。また、相手のセットプレーの際は、スピードのあるマルティノスを最前線に残して、高速カウンターをうかがい続けた。

 全員の意思統一は明らかだったが、前半はマルティノスになかなか収まらず、横浜FMのビルドアップに手こずる場面が増え、マルティノスはなかなか前を向けない。狙いの形をチャンスにつなげることはできなかったが、前半終了間際にセットプレーのこぼれ球から宇賀神が決めてリードを奪った。

 ハーフタイム、大槻毅ヘッドコーチが動く。マルティノスを下げて、18歳の荻原拓也を投入。スピードのあるルーキーにその役割を託した。

 「マルちゃんは守備で前からアプローチをかけていたが、積極性の裏返し」(大槻HC)のようになり、本来のボールを収める役割、裏を取る動きを遂行できなかった。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 相手の急所を突くナナメのホットライン 浦和の狙いがピタリとハマった理由