2018.9.18 14:41(1/4ページ)

相手の急所を突くナナメのホットライン 浦和の狙いがピタリとハマった理由

相手の急所を突くナナメのホットライン 浦和の狙いがピタリとハマった理由

相手の急所を突くナナメのホットライン。浦和の狙いがピタリとハマった理由

相手の急所を突くナナメのホットライン。浦和の狙いがピタリとハマった理由【拡大】

■練習から徹底していたある「狙い」

 浦和レッズは16日の明治安田生命J1リーグ第26節で横浜F・マリノスに2-1で勝利。リーグ戦4試合ぶりの白星をつかんだ。横浜FMにボールを支配される劣勢のなかで、決勝点につながったのは、練習から徹底していたある「狙い」だった。

 浦和の狙いはスタートから明らかだった。序盤から徹底してサイドチェンジと裏を突くロングボールを展開。後半に決まった武藤雄樹の決勝ゴールは、まさにその形から生まれている。

 サイドのウイングバックが高い位置を取り、後方からピッチを広く使ったサイドチェンジ、受けたウイングバックやシャドーが中に切り込む形はレッズの強みでもある。しかし、連敗していた直近2試合では、そこが上手くハマらず攻撃は停滞していた。

 この決勝ゴールのシーンは、横浜FM戦を前にしたトレーニングで徹底していた形だった。ダブルボランチ、または3バックからウィングバックに対角線のサイドチェンジを供給する。加えて、裏へ抜け出した2シャドーにロングボールを入れる。紅白戦でオズワルド・オリヴェイラ監督は、何度もプレーを止めて選手たちに指示。前掛かりになりがちな横浜FMに対して、しつこく裏を突くことがチームとして徹底されていた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 相手の急所を突くナナメのホットライン 浦和の狙いがピタリとハマった理由