2018.9.16 09:31

乾、最大の決定機を逸する…地元メディア「プレーに当たり外れある」

乾、最大の決定機を逸する…地元メディア「プレーに当たり外れある」

特集:
乾貴士
乾、最大の決定機を逸する…地元メディア「プレーに当たり外れある」

乾、最大の決定機を逸する…地元メディア「プレーに当たり外れある」【拡大】

 14日のリーガ・エスパニョーラ第4節、ベティスは敵地メスタージャでのバレンシア戦をスコアレスドローで終えた。MF乾貴士は先発出場を果たし、63分にピッチから下がった。

 3戦連続で先発を果たした乾は、MFセルヒオ・カナレス、MFアンドレス・グアルダードとの連係からゴールに迫り、この試合最大の決定機も手にしたが物にできなかった。

 日本代表MFは23分、FWリャド・ブデブズのスルーパスから巧みに最終ラインを突破。GKジャウメ・ドメネクもかわして、無人のゴールにボールを押し込もうとしたものの、枠に入る前にDFクリスティアーノ・ピッチーニにクリアされている。

 ベティスでの初得点のチャンスを逃し、後半に入ってから存在感が薄まった乾は、63分にMFホアキン・サンチェスとの交代でベンチに下がっている。なおスペイン『デスマルケ』の採点(10点満点)で、同選手はチームメートほか5選手と並び、チーム3番目の5点の評価となった。寸評では、決定機逸やプレーに波があることを指摘されている。

 「この試合の最たる決定機を迎えたが、そのシュートはあまりにも緩慢だった。活発だったが、プレーに当たり外れがある」

 ベティスの次試合は、20日のヨーロッパリーグ・グループステージ第1節、アウェーでのオリンピアコス戦。乾は活躍を見せることができるだろうか。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. 乾、最大の決定機を逸する…地元メディア「プレーに当たり外れある」