2018.9.16 07:55

ロペテギ・マドリー、リーガ初の試練とされたサン・マメス攻略ならず…イスコ弾で辛くもドロー

ロペテギ・マドリー、リーガ初の試練とされたサン・マメス攻略ならず…イスコ弾で辛くもドロー

ロペテギ・マドリー、リーガ初の試練とされたサン・マメス攻略ならず…イスコ弾で辛くもドロー

ロペテギ・マドリー、リーガ初の試練とされたサン・マメス攻略ならず…イスコ弾で辛くもドロー【拡大】

 14日のリーガ・エスパニョーラ第4節、Rマドリードは敵地サン・マメスでのアスレティック・ビルバオ戦を1-1のドローで終えた。

 このアスレティック戦から、21日間で7試合をこなすことになるRマドリード。ロペテギ監督はブラジル代表戦で長距離移動を強いられたカセミロの代わりにセバジョスを先発させたが、この試みはうまく機能しなかった。前半は攻撃のアイデアを欠き、守備では闘争心の塊ラウール・ガルシアと快速イニャキ・ウィリアムスの扱いに苦慮している。

 そして32分、Rマドリード相手に巧みな試合運びを見せるアスレティックが先制に成功。スサエタのスルーパスに反応してペナルティーエリア内右に入り込んだデ・マルコスの折り返しから、ムニアインがネットを揺らした。

 劣勢のロペテギ監督は、ハーフタイムにセバジョスを下げてカセミロを投入。また60分には、まだ本調子ではない様子のモドリッチとの交代でイスコもピッチに立たせる。すると63分、そのイスコが同点弾を記録。クロースのロングボールから右サイドを突破したベイルがクロスを送ると、背番号22はヘディングシュートを突き刺した。

 スコアをタイに戻したRマドリードだが、それ以上ゴールを奪うことはかなわず。今季リーガの試金石ともされたカテドラル(サン・マメスの愛称、大聖堂の意)の攻略はならなかった。開幕からの連勝が3でストップしたRマドリードは、同日にRソシエダード戦に勝利したバルセロナに勝ち点2差をつけられ、単独首位に立たれた。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. ロペテギ・マドリー、リーガ初の試練とされたサン・マメス攻略ならず…イスコ弾で辛くもドロー