2018.9.16 10:01(1/2ページ)

ベガルタ、シュミット完封で4位浮上!

ベガルタ、シュミット完封で4位浮上!

特集:
GO!ベガルタ仙台
守護神シュミット(左下)は相手の猛攻をしのぎ無失点に抑えた (撮影・土谷創造)

守護神シュミット(左下)は相手の猛攻をしのぎ無失点に抑えた (撮影・土谷創造)【拡大】

 明治安田J1第26節第2日(15日、仙台1-0FC東京、ユアス)J1ベガルタ仙台は、ホームでFC東京に1-0で辛勝した。前半はシュート0本に抑えられる苦しい展開だったが、後半4分にオウンゴールで先制。GKシュミット・ダニエル(26)を中心に虎の子の1点を守りきった。ベガルタは12勝目(5分け9敗)で4位に浮上。次戦は22日、アウェー(18時、トラスタ)でV・ファーレン長崎と対戦する。

 FC東京の猛攻をしのいで勝利した瞬間、歓喜が弾けた。今季最多1万7887人が詰めかけたユアスタで、ベガルタがホーム4連勝を飾った。

 8月11日の柏戦(○2-0)以来となる無失点勝利。シュミットは「『我慢』の試合だった。シュートブロックなど、みんなが体を張ってくれて、自分が助けてもらった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 苦しい試合だった。前半はFC東京の素早いプレッシャーの前に、攻撃の形をなかなか作れない。フィニッシュまで持ち込めず、まさかのシュート0本に抑えられた。

 ハーフタイムに渡辺晋監督(44)は「ボールを落ち着かせるところを探してあげよう。シュートの意識を持とう」と指示。状況の打開を図った。

 すると後半4分、右サイドに抜け出したFW阿部が中央へ低いセンタリング。守備に戻ったFC東京MF東がクリアの処理を誤り、ボールはゴールへと吸い込まれた。ベガルタはシュートゼロのまま、先制に成功した。

【続きを読む】

  • 前半、大勢のサポーターを背にスーパーセーブを見せる仙台・シュミットダニエル(左)=ユアテックスタジアム仙台(撮影・土谷創造)
  • 後半、セーブする仙台・GKシュミット=ユアスタ
  • 試合終了後、スタンドに挨拶をする仙台イレブン=ユアテックスタジアム仙台(撮影・土谷創造)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. ベガルタ、シュミット完封で4位浮上!