2018.9.16 05:02

G大阪、イニエスタ神戸封じ逆転勝ち!宮本監督就任初リーグ戦2連勝

G大阪、イニエスタ神戸封じ逆転勝ち!宮本監督就任初リーグ戦2連勝

逆転勝利のG大阪イレブン=ノエスタ神戸(撮影・中島信生)

逆転勝利のG大阪イレブン=ノエスタ神戸(撮影・中島信生)【拡大】

 明治安田J1第26節第2日(15日、神戸1-2G大阪、ノエス)降格圏から浮上できないG大阪が、アウェーで神戸に2-1で逆転勝ちした。首位の広島は鳥栖に0-1で敗れた。長崎は名古屋に4-3で競り勝ち、連敗を5で止めて8試合ぶりの勝利。名古屋の連勝は7でストップした。仙台はFC東京を破った。FC東京は6試合勝利なし。

 G大阪は劣勢を覆して逆転勝ち。宮本監督は就任後初のリーグ戦連勝&今季アウェー初勝利に力強く拳を握った。

 「収穫があった。ただ、順位も変わっていないし、1試合1試合やっていくこと」

 前半35分に先制されながらも後半は4-4-2にシステムを変えて押し込み、7分にMF倉田が同点弾。さらに23分、FW黄義助が決勝点を奪った。韓国代表でジャカルタ・アジア大会得点王に輝き、金メダルに導いたストライカーが大仕事。約1カ月ぶりのチーム復帰で「ゴールを決められたいいコンディションを維持したかった」。敵地では昨年8月26日の鳥栖戦以来18試合ぶりの勝ち点3を呼び込んだ。

 降格圏17位のままながら、13位湘南まで勝ち点3差で残留争いは混沌。役者がそろったG大阪の臨戦態勢は整った。 (大石豊佳)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. G大阪、イニエスタ神戸封じ逆転勝ち!宮本監督就任初リーグ戦2連勝