2018.9.15 18:14

モウリーニョ監督、インテル・イカルディの獲得を熱望?冬の移籍市場で142億円投入か

モウリーニョ監督、インテル・イカルディの獲得を熱望?冬の移籍市場で142億円投入か

モウリーニョ監督、インテル・イカルディの獲得を熱望?冬の移籍市場で142億円投入か

モウリーニョ監督、インテル・イカルディの獲得を熱望?冬の移籍市場で142億円投入か【拡大】

 マンチェスターUのジョゼ・モウリーニョ監督は、新たなセンターFW獲得を熱望しているようだ。その有力候補がインテルミラノのFWマウロ・イカルディだと報じられている。スペイン『AS』によると、モウリーニョ監督は冬の移籍市場に向けてマウロ・イカルディに熱視線を送っているという。

 記事ではもしこの移籍を実現させるなら、インテルミラノに1億1000万ユーロ(約142億円)の契約解除金を支払う必要があると伝えている。

 現在、マンチェスター・UのセンターFWはロメル・ルカクがいるものの、コンペティションによってはアレクシス・サンチェスが前線に入る場合も。だが、同選手はセンターFWは本職ではなく、今年春にクラブを去ったズラタン・イブラヒモビッチの穴埋めに苦しんでいるのが現状だ。

 17-18シーズンはセリエAで29ゴールを決め、チーロ・インモービレとともにリーグ得点王のタイトルを獲得したイカルディ。だが、ロシア・ワールドカップではアルゼンチン代表入りを逃し、失意のオフシーズンを送った。

 1993年生まれ、現在25歳のイカルディがもしマンチェスター・Uからのオファーを受けた場合、どのような決断を下すのだろうか。ルカク、イカルディのターンオーバーが実現となれば、マンチェスター・U側にとってもタイトル奪還に向け、重要な補強となりそうだ。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. モウリーニョ監督、インテル・イカルディの獲得を熱望?冬の移籍市場で142億円投入か