2018.9.13 05:02(1/2ページ)

森保監督、快勝したのに…謝罪行脚「シーズンの大切な時期に戦力失わせてしまった」

森保監督、快勝したのに…謝罪行脚「シーズンの大切な時期に戦力失わせてしまった」

手を後ろに組んで質問に答える森保監督。その姿勢からも気配りを感じる

手を後ろに組んで質問に答える森保監督。その姿勢からも気配りを感じる【拡大】

 日本代表の森保一監督(50)が12日、異例の“おわび行脚”を敢行した。初陣となった11日のコスタリカ戦(パナS)を3-0で勝利。この日午前に大阪市内の宿泊先ホテルで取材に応じ、10月の代表戦で海外の主力組を招集することを明言した。さらにその後、けがで代表を離脱したFW杉本健勇(25)=J1C大阪、FW前田大然(20)=J2松本=の所属2クラブに異例ともいえる直接謝罪に出向いた。

 初陣を飾った“美酒”に酔いしれることはない。3-0の快勝から一夜。森保監督が異例の行動に出た。

 「シーズンの大切な時期に戦力を失わせてしまった。その話(謝罪)をしたいと思います」

 U-21代表を率いて準優勝した8月のアジア大会では、FW前田が右脚靱帯(じんたい)を損傷し全治4-5週間。A代表の合宿中にはFW杉本が右足薬指を負傷し、骨折の疑いもある。クラブでもエースの2人の負傷に兼任指揮官は心を痛めていた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 森保監督、快勝したのに…謝罪行脚「シーズンの大切な時期に戦力失わせてしまった」