2018.9.13 17:11

【J試合情報】横浜F・マリノスvs浦和レッズ 9月16日

【J試合情報】

横浜F・マリノスvs浦和レッズ 9月16日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・今カード通算55試合では横浜FMが29勝6分20敗と勝ち越している。横浜FMにとって浦和は、勝利を挙げた試合数が2番目に多い相手(広島戦での30勝に次いで)。

 ・横浜FMは浦和戦で現在6試合連続無敗(4勝2分)。この間4試合で無失点に抑えており、計3失点しか喫していない。

 ・浦和はアウェイ戦直近7試合でわずか1勝(3分3敗)。しかしこの1勝は、首位に立つ広島相手に挙げたもの(7月28日:4-1)。

 ・浦和は今季25試合を終えて現在9位。しかし今季、対戦時に13位以下のチームとの10試合では1勝しか挙げていない(3分6敗)。この1勝は7月18日の名古屋戦(当時最下位)で挙げたもの(3-1)。

 ・横浜FMは得点数が今季リーグ最多(42点)。しかし25節を終えた時点でのリーグ最多得点数としては、J1史上で最少となっている。

 ・横浜FMは今季先制点を挙げた試合でリーグワーストの4敗(7勝2分)。また同状況で落とした勝ち点数もリーグワースト(16)。

 ・横浜FMは被シュート決定率(失点数/被シュート数)が今季リーグワーストの12.9%。

 ・山中亮輔と扇原貴宏の間では今季、550本のパス交換を記録している。選手間でのパス交換数としてはリーグ最多。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】横浜F・マリノスvs浦和レッズ 9月16日