2018.9.13 17:10

【J試合情報】柏レイソルvs清水エスパルス 9月15日

【J試合情報】

柏レイソルvs清水エスパルス 9月15日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・今カード通算43試合では柏が22勝4分17敗と勝ち越している。柏にとって清水は、通算得点数が2番目に多い相手(76点:G大阪戦での78点に次ぎ)。

 ・柏はホームでの清水戦直近7試合でわずか1敗(4勝2分)。しかしこの敗戦は本拠地での前回対戦で喫したものであり、現在は2試合連続未勝利(1分1敗)。

 ・柏はホームでの前節長崎戦で5得点を奪い、本拠地では4月25日の浦和戦(1-0)以来、6試合ぶりに勝利を挙げた(5-1)。同地ではそれ以前の8試合で4得点しか挙げていなかった。

 ・柏は今季、セットプレーからの得点数がリーグで最も少ない(3点)。総得点に占める同得点の比率はわずか10%(昨季は33%)。

 ・清水は直近7試合でわずか1勝(1分5敗)。この間、全試合で失点している(計14失点)。それ以前は3連勝を記録していた。

 ・清水は今季アウェイ戦で先制点を奪われた試合数がリーグワースト(9試合)。しかしこの中で、リーグでは2番目に多い2勝を挙げている(最多:川崎と札幌、3勝)。

 ・清水は今季、ドリブル成功率がリーグワースト(47.2%)。また、ドリブル回数はリーグで3番目に少ない(301回)。

 ・伊東純也はドリブル回数がリーグ最多(133回、成功率49.6%)。また敵陣PA内タッチ数はリーグで2番目に多い(144回)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】柏レイソルvs清水エスパルス 9月15日