2018.9.12 17:09

イングランド指揮官、2試合連続ゴールのラッシュフォードを絶賛

イングランド指揮官、2試合連続ゴールのラッシュフォードを絶賛

イングランド指揮官、2試合連続ゴールのラッシュフォードを絶賛

イングランド指揮官、2試合連続ゴールのラッシュフォードを絶賛【拡大】

 イングランド代表のギャレス・サウスゲート監督は、FWマーカス・ラッシュフォードを絶賛した。

 11日に行われた国際親善試合でイングランド代表はスイス代表と対戦。0-0で迎えた54分、カイル・ウォーカーの右サイドからのクロスをファーサイドにいたラッシュフォードが冷静に流し込み、イングランドが先制する。試合はこのままタイムアップを迎え、イングランドが1-0で勝利した。

 試合後、サウスゲート監督は『スカイスポーツ』で「彼の活躍に本当に満足している。彼がどれどけ素晴らしい選手か、また彼がトッププレーヤーになれる可能性があることを我々みんなが知っている。スーパーなメンタリティを持った彼は本当に素晴らしい」と賛辞を送った。

 「彼は今週だけで2つのゴールを奪った。我々の試合で見せたいくつかのパフォーマンスは本当に良かったし、2つの最高のフィニッシュができたことは彼にとって本当に意味のあることだ」

 また、スペイン戦から大幅にメンバーを変更して臨んだこの試合について「多くの選手たちが今シーズン初めてプレーした。彼らに対して素晴らしいチームであるスイス相手に最高のプレーを見せろなんて求めることは無理難題だ。スイスは良い動きを見せ、ボールをキープしたため、我々は前半にボールを追い回し過ぎた。この辺りは大いに改善の余地がある」と試合を振り返った。

 「前半は(グラニト)ジャカや(ジェルダン)シャキリに危険な場面を作られたが、後半は少し動きが良くなった。ディフェンスは高い位置を保て、中盤も無駄に走り回る必要が減った。前半は簡単にターンオーバーしたが、後半は上手くボールをキープできていた」(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. イングランド指揮官、2試合連続ゴールのラッシュフォードを絶賛