2018.9.12 21:36(2/2ページ)

ACミラン・ラボ責任者が告白「元中国人オーナーは貴重なクラブの財産で金儲けを狙った」

ACミラン・ラボ責任者が告白「元中国人オーナーは貴重なクラブの財産で金儲けを狙った」

ACミラン・ラボ責任者が告白「元中国人オーナーは貴重なクラブの財産で金儲けを狙った」

ACミラン・ラボ責任者が告白「元中国人オーナーは貴重なクラブの財産で金儲けを狙った」【拡大】

 「黄金期はアンチェロッティが率いた頃だ。CL決勝へ3回進出し、バロンドール受賞者を2名輩出した。(パオロ)マルディーニ、(アレッサンドロ)コスタクルタ、(フィリッポ)インザーギが40歳近くまでキャリアを続けられたのもACミラン・ラボのおかげだと言える」

 ■中国資本体制ではメソッドの売却も検討

 ACミラン・ラボに誰もが関心を示したわけではない。深い興味を抱く者もいれば、ほとんど関心を示さない者もいた。研究所の元責任者は続ける。

 「(ヴィンチェンツォ)モンテッラや(シニシャ)ミハイロヴィッチはあまり興味を示していなかった。反対にマウリツィオ・サッリは本物の数字マニアだよ。毎回会うたびに『情報が欲しい』と言われる。彼はデータが大好きだからね。チェルシーにも誘われたけど、これからは仕事の量を減らすつもりなんだ。あとマインドルームに足繁く通っていたのは(クラレンス)セードルフだよ」

 またトニャッチーニ氏は、リー・ヨンホン氏が率いた中国資本の前体制が、ACミラン・ラボのメソッドをアジア地域で販売することを検討していたことを明かした。

 「中国資本のオーナーは、メソッドを東洋へ輸出するビジネスプランの構想を練っていた。(シルヴィオ)ベルルスコーニ(元会長)は、財産でもある非常に貴重な情報で金儲けすることには、一切興味を示していなかったので正反対だった」(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. ACミラン・ラボ責任者が告白「元中国人オーナーは貴重なクラブの財産で金儲けを狙った」