2018.9.12 21:36(1/2ページ)

ACミラン・ラボ責任者が告白「元中国人オーナーは貴重なクラブの財産で金儲けを狙った」

ACミラン・ラボ責任者が告白「元中国人オーナーは貴重なクラブの財産で金儲けを狙った」

ACミラン・ラボ責任者が告白「元中国人オーナーは貴重なクラブの財産で金儲けを狙った」

ACミラン・ラボ責任者が告白「元中国人オーナーは貴重なクラブの財産で金儲けを狙った」【拡大】

 ACミランのハイテク研究所ACミラン・ラボの責任者を務めたダニエレ・トニャッチーニ氏が10日、イタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』のインタビューに応じ、過去の逸話を明かした。

 ■マルディーニらスターを支えたACミラン・ラボ

 トニャッチーニ氏は20年間にわたり、ACミランにおいてフィジカルトレーナーや2002年に設立したACミラン・ラボの責任者として役割を果たしてきた。今年、ACミランに別れを告げたトニャッチーニ氏は過去を振り返り、これまでのエピソードを明かしている。

 「(ACミラン・ラボ)プロジェクトはアドリアーノ・ガリアーニ(元CEO)がスタートさせた。生化学、メンタルなど複数の分野のデータを収集し、当時は世界でも先駆者だった。20年間で集めたデータは200万件にのぼり、我々のパートナーであるマイクロソフトが、『ACミラン・ラボはスポーツ界において世界で最も重要なデータベースを所有する』と認めていたんだ」

 2000年から2009年にわたったカルロ・アンチェロッティ指揮下では、チャンピオンズリーグ(CL)を2度制するなど栄華を極めたが、トニャッチーニ氏はACミラン・ラボが黄金期を支え、ベテラン選手をサポートすることができたと自負する。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. ACミラン・ラボ責任者が告白「元中国人オーナーは貴重なクラブの財産で金儲けを狙った」