2018.9.12 05:05(1/4ページ)

これが新生ニッポン!森保監督3発船出、初陣史上最多得点0封勝利

これが新生ニッポン!森保監督3発船出、初陣史上最多得点0封勝利

特集:
森保JAPAN
選手の軽快な動きに親指を立てる森保監督。その手にはペンが握られていた(撮影・鳥越瑞恵)

選手の軽快な動きに親指を立てる森保監督。その手にはペンが握られていた(撮影・鳥越瑞恵)【拡大】

 キリンチャレンジ杯(11日、日本3-0コスタリカ、パナS)国際連盟(FIFA)ランキング55位の日本が同32位のコスタリカに3-0で快勝し、森保一監督(50)の初陣を白星で飾った。東京五輪代表監督を兼務する同監督にとって、“おっさんジャパン”といわれたW杯ロシア大会からチームの若返りは与えられた使命。W杯直後では初めて就任した日本人監督が、フレッシュな“お試しジャパン”を率いて新たな歴史の扉を開いた。

 フレッシュな風を背中に感じた。グイグイと前に進む爽快感。紺色のスーツに身を包んだ50歳の森保新監督は、若き侍たちに敬意を表した。

 「選手が短いトレーニング期間の中、よく準備してくれた。粘り強く戦ってくれました」

 20歳でA代表デビューだったMF堂安は技巧を見せ、23歳のMF南野は力強さ、24歳のMF中島はドリブルで抜群の切れを披露。それぞれの武器を連動しながら発揮した。前半39分の南野のシュートや、後半21分の2点目など小気味よい崩しは若さの象徴だった。守ってもDF槙野を中心に、相手を完封した。

【続きを読む】

  • 試合終了間際に3点目を決めた伊東(左から2人目)を祝福する選手たち。お試しジャパンの面々がアピールに成功した(撮影・森田達也)
  • 前半、攻める青山=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也)
  • 前半、倒される日本代表・中島=パナソニックスタジアム吹田(撮影・甘利慈)
  • 前半、シュートを放つ佐々木(中央)。DFの頭に当たってコースが変わりオウンゴールとなった=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也)
  • 前半、攻め込む堂安律=パナソニックスタジアム吹田(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、ゴールが決まり青山と抱き合う佐々木=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也)
  • 前半、競り合う南野=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也)
  • 前半、競り合う日本代表・小林悠=パナソニックスタジアム吹田(撮影・甘利慈)
  • 日本のコスタリカ戦スタメン
  • サッカー・1998年以降の日本代表監督初陣成績
  • サッカー・日本代表今後の主な日程
  • サッカー・日本代表メンバー
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. これが新生ニッポン!森保監督3発船出、初陣史上最多得点0封勝利