2018.9.12 05:04(1/2ページ)

森保J初陣星呼んだ!南野が代表初ゴール「結果出したいと思っていた」

森保J初陣星呼んだ!南野が代表初ゴール「結果出したいと思っていた」

特集:
南野拓実
代表初ゴールを決めた南野。次代のエース候補が新生・森保ジャパンで輝いた(撮影・蔵賢斗)

代表初ゴールを決めた南野。次代のエース候補が新生・森保ジャパンで輝いた(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 キリンチャレンジ杯(11日、日本3-0コスタリカ、パナS)若き侍が浪速で輝きを放った。日本代表は、後半21分に国際Aマッチ3戦目で初先発したMF南野拓実(23)が代表初ゴールを決めた。森保一監督(50)の初陣で、3-0の勝利に貢献。大阪での“凱旋試合”で、2022年W杯カタール大会に向けて幸先良いスタートを切った。

 浪速育ちのストライカーが森保ジャパン初陣の主役をかっさらった。MF南野が“1号”弾。2022年に向けて船出した新生日本代表で、エースに名乗り出た。

 「初戦はわかりやすい結果を出したいと思っていた。チームが勝つことを考えていたので、よかったです」

 歴代の代表でエースが君臨してきたトップ下で先発。前半16分に右CKからDF佐々木が頭で決めるも、相手DFに当たりオウンゴールの判定に。続いて巡ってきた1号のチャンスをものにしたのは、背番号8だった。後半21分、左を駆け上がったMF遠藤からのパスをペナルティーエリア(PA)内で受けると、左足で蹴り込んだ。「PA内でボールが来ればシュートのイメージはできていた」と、大きな追加点を決めた。

 過去6度出場したW杯で指揮官の初陣で得点した選手は、全員がW杯メンバー入りを果たしており、縁起のいいゴール。カタール大会に向けて、スタートダッシュには十分な一発になった。

 大阪・泉佐野出身で、4日の台風21号では地元が大きな被害を受けた。親類は無事だったものの、心を痛める出来事だった。しかし「サッカーで戦っている姿を見てもらうだけ」と切り替え、大阪に凱旋。これ以上ない結果で応えた。

【続きを読む】

  • 強引に左足を振り抜いた南野(背番8)。凱旋試合で魅せた
  • 初陣を白星で飾った森保監督。若き侍が躍動した
  • 前半、競り合う日本代表・南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(撮影・甘利慈)
  • 前半、競り合う南野=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也)
  • 前半、シュートを外した日本代表・南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(撮影・甘利慈)
  • 後半、ゴールを決める南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也)
  • 後半、ゴールを決め遠藤航に抱きつく南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也)
  • 後半、ゴールを決めた日本代表・南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(撮影・甘利慈)
  • 後半21分、南野の日本代表初ゴール
  • 日本のコスタリカ戦スタメン
  • サッカー・日本代表今後の主な日程
  • サッカー・日本代表メンバー
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 森保J初陣星呼んだ!南野が代表初ゴール「結果出したいと思っていた」