2018.9.11 18:41

長野の強豪サッカー部顧問、行き過ぎ指導で自宅待機 東京都市大塩尻高

長野の強豪サッカー部顧問、行き過ぎ指導で自宅待機 東京都市大塩尻高

 長野県塩尻市の東京都市大塩尻高は11日、部活動中に生徒への行き過ぎた指導があったとして、サッカー部顧問の男性教諭(40)に今月1日付で自宅待機を命じたと明らかにした。正式な処分は今後検討する。同校サッカー部は全国高校サッカー選手権に4度出場している県内の強豪。

 同校によると、今年5月の同県松本市での練習試合の際、教諭が部員の男子生徒の指導を聞く態度を問題視し、腕をつかんで更衣室に引っ張っていった。生徒から学校に訴えがあり、同校は「生徒に恐怖を感じさせた」と判断した。

 同校の調査では、その際の更衣室内での行動や、部員以外に対する言動への訴えなども寄せられたが、教諭は否定しているという。

 三浦章校長は「混乱させて申し訳ない。教師の指導の仕方を見直す機会にしたい」とした。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 国内その他
  4. 長野の強豪サッカー部顧問、行き過ぎ指導で自宅待機 東京都市大塩尻高