2018.9.11 15:04(3/3ページ)

森保ジャパン、コスタリカ戦で見るべきポイントとは

森保ジャパン、コスタリカ戦で見るべきポイントとは

特集:
森保JAPAN
森保ジャパン、コスタリカ戦で見るべきポイントとは

森保ジャパン、コスタリカ戦で見るべきポイントとは【拡大】

 ■プロサッカー選手として勇気と元気を与えること

 「“日本人らしく”というのは感覚で分かる。試合を通じてひたむきに戦う、タフに粘り強く、最後まで戦い抜くところはやっていきたい。そこがサッカー、そしてスポーツからいろいろなメッセージを届けるのに一番必要な部分ですし、ロシアW杯でチームとしてできていた部分でもある。選手個々が引き出しを持てるように、チームとしてもいろいろな戦いができる力を付けるようにしていきたい。そして規律、攻守に連係、連動して戦っていく部分を大切にしながら、日本人の持っている技術に自信を持って勇気を持ってトライしていくことを求めていきたい」

 チリ戦が行われる予定だった札幌では大地震が発生し、日本代表チームも被災する形となってしまった。コスタリカ戦が開催される大阪も直前の台風21号で甚大な被害が出た。その事実に直面した選手たちには、プロサッカー選手として日本中に勇気と元気を与えることも求められる。

 今回の招集メンバーで唯一、ロシアのピッチに立った経験を持つ槙野は言う。

 「ロシアW杯が終わって、日本代表が次にどういう戦いをするかが注目されていますし、台風や地震で被災された方への思いもあります。コスタリカ戦では選手一人ひとりがいろいろな考えと気持ちを持ってプレーしなければならない。実際にコンビネーションのところでミスは起こるだろうし、まだまだできないところもしれない。でも、大事なのはミスをしたあとのプレーと気持ち。より責任と覚悟を持って戦いたい」

 ようやく迎える初陣。選手たちの躍動が森保ジャパンの今後にも、そして日本中にメッセージを伝えることにもなる。攻撃中心のメニューを組んだ結果がピッチで披露されれば、自然と皆を笑顔にするはずだ。

 「今までの代表にはないやり方、面白さが見られるんじゃないか」

 こう話してくれた槙野の言葉がコスタリカ戦への楽しみを大きくさせる。森保ジャパンが見せる臨機応変なサッカー、そして被災地への思いとアグレッシブな姿勢をしっかり見届けたい。

 文=青山知雄(Goal.com)

試合日程へ代表メンバーへ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 森保ジャパン、コスタリカ戦で見るべきポイントとは