2018.9.11 15:04(1/3ページ)

森保ジャパン、コスタリカ戦で見るべきポイントとは

森保ジャパン、コスタリカ戦で見るべきポイントとは

特集:
森保JAPAN
森保ジャパン、コスタリカ戦で見るべきポイントとは

森保ジャパン、コスタリカ戦で見るべきポイントとは【拡大】

 ■守備の練習はほとんどなし

 「ハッキリ言いますけど、守備に関してはほとんどやっていません」

 森保ジャパンの初戦となるコスタリカ戦の前日、ミックスゾーンで興味深いコメントが発せられた。言葉の主は槙野智章。9月3日の集合から森保一新監督がチームに落とし込んできたトレーニングは、基本的にすべて攻撃に関するものだったという。槙野の話を受けて、札幌合宿からのトレーニングと選手コメントを振り返ってみると、確かに攻撃に関する話が多く出て来ていることに気付かされた。

 では、果たして新しい日本代表はどんなコンセプトで、どんな攻撃を見せるのだろうか。ここまでに公開されたトレーニング内容や指揮官や選手たちの言葉から、コスタリカ戦で見るべきポイントを読み解いていこう。

 森保監督が選手たちに求めている基本的な考え方は、サッカーの原理原則に基づいた非常にシンプルなもの。決して執着するスタイルやシステムがあるわけではない。球際は激しく、選手個々がチームのために戦う。そして全員で臨機応変に戦いながら、ゴールを陥れるための最短ルートを目指すというものだ。

 「柔軟に臨機応変に対応力を持ってやっていきたい。もちろん攻撃的にいきたい部分はありますが、守備をしなければいけないときは守備をする。速い攻撃をしなければいけないときは速い攻撃をする。相手に守られたらボールを握りながら戦う」(森保監督)

 札幌での練習初日は回復トレーニングのみで終わったため、本格的な練習は2日目から。その選手たちに対してのファーストアプローチで指揮官が選択したのは、ボールを素早くゴールに近付けるための判断と手段の意識付けだった。

 それが細かい縦方向のパス交換から、一気にグラウンダーの長いスルーパスや大きなサイドチェンジで裏のスペースを突くメニューだ。森保監督は、大きな声で「視野を広く持って!」、「見えたと思ったら狙おう!」と要求していた。

 これは単なるパターン練習ではなく、DF役を置きながら、ボールを出す側に中央とサイドの選択肢を設定。出す側には受け手とのタイミング、相手DFとの関係性、スペース把握などの状況判断が求められた。今から振り返ってみると、指揮官が求める攻撃コンセプトのベースがこの練習にあったようにも思う。

 ボールを奪った際のファーストチョイスは縦に速く。それが難しければ、くさびのパスを入れて相手の守備網に綻びを生み出そうとする。ダメなら横パスを使いながらのビルドアップで縦に仕掛ける機会をうかがう。そして受け手にはボールを引き出す動きを求めたわけだ。このスタイルを浸透させるため、森保監督はポジションごとにテーマを設けて練習に臨ませていた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 森保ジャパン、コスタリカ戦で見るべきポイントとは