2018.9.11 13:11(1/3ページ)

森保ジャパン初陣…大激戦区の2列目、生き残りを懸けたコスタリカ戦

森保ジャパン初陣…大激戦区の2列目、生き残りを懸けたコスタリカ戦

特集:
森保JAPAN
森保ジャパン初陣…大激戦区の2列目、生き残りを懸けたコスタリカ戦

森保ジャパン初陣…大激戦区の2列目、生き残りを懸けたコスタリカ戦【拡大】

 ■「テストの場」が1試合となったなかで

 本日11日、日本代表はパナソニック吹田スタジアムでコスタリカ代表と対戦する。9月7日に札幌ドームで開催予定だったチリ戦が平成30年北海道胆振東部地震の影響で中止になった関係で、このコスタリカ戦が森保一監督率いる新生・日本代表の初陣となる。

 「まず勝負にこだわって戦うということと、ベースとなるボールの奪い合いのところで戦う姿勢を伝えたい。日本人の持っている技術と規律を試合の中でお見せできるようにしていきたい」。指揮官も4日遅れで訪れる初舞台を控え、意気込みを新たにする。

 当初の予定で森保監督は、1戦目のチリ戦で招集した23名のベスト陣容で戦い、2戦目のコスタリカ戦はそれ以外のメンバーを主に試す考えを持っていた。しかし、テストの場が1試合のみになったことで、今日の試合はチェックすべき優先順位の高い選手を送り出す可能性が高い。

 また、対戦相手のコスタリカが7日の親善試合・韓国戦で、これまでの5-4-1ではなく4-2-3-1システムを採ったことも踏まえると、日本も4バックが有力。そのうえで先発を予想すると、GK東口順昭(ガンバ大阪)、最終ラインは左から車屋紳太郎(川崎フロンターレ)、槙野智章(浦和レッズ)、三浦弦太(ガンバ大阪)、室屋成(FC東京)。ボランチは、左に遠藤航(シントトロイデン)、右に青山敏弘(サンフレッチェ広島)、2列目左に中島翔哉(ポルティモネンセ)、トップ下に南野拓実(ザルツブルク)、右に堂安律(フローニンゲン)、1トップは小林悠(川崎F)が濃厚だ。

 ただ、森保監督の中には、インターナショナルマッチデーにしか呼べない欧州組を間近で見ておきたいという考えもあるだろう。となると、センターバックの三浦に代わって植田直通(サルクル・ブルージュ)あるいは冨安健洋(シントトロイデン)をトライし、2列目も浅野拓磨(ハノーバー)や伊藤達哉(HSV)らにチャンスを与える可能性もゼロではない。また、左サイドバックは、7日の紅白戦で良い攻め上がりを見せていた佐々木翔(広島)も投入されるかもしれない。6人の交代枠を含め、誰がどのように起用されるかで、森保ジャパンの全体像がある程度つかめるはず。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 森保ジャパン初陣…大激戦区の2列目、生き残りを懸けたコスタリカ戦