2018.9.11 12:12(1/3ページ)

【サッカーコラム】キリンと歩んだ日本代表の40年 1978年からサポート

【サッカーコラム】

キリンと歩んだ日本代表の40年 1978年からサポート

特集:
森保JAPAN
No Ball, No Life
練習に臨む日本代表・森保一監督=パナソニックスタジアム吹田(撮影・甘利慈)

練習に臨む日本代表・森保一監督=パナソニックスタジアム吹田(撮影・甘利慈)【拡大】

 【No Ball,No Life】サッカー日本代表が11日、パナソニックスタジアム吹田でコスタリカ代表と対戦する。大会の正式名称はキリンチャレンジカップ2018で、キリンビールが冠スポンサーとなっているサッカーファンにはお馴染みの大会だ。同社が日本サッカー協会のサポートをはじめたのは1978年からで、今年で40周年となる。

 この40年間でキリンのサポートによる強化試合が行われなかったのはわずか2年間(89年、99年)しかない。年度によって開催された試合数は異なるが、2004年は日本代表、日本女子代表、五輪代表の強化試合がキリンカップ、キリンチャレンジカップの名称で合計11試合が行われた。

 40周年を迎えたということで個人的にその歴史を振り返ってみた。学生時代にいくつか観戦していたし、社会人になってからは取材という形で数々の試合に足を運んできた。日本代表に興味があるサッカーファンであれば、必ず通る道。それが、キリンに冠になっている大会といえる。

 そこで、せっかくなので過去に目撃してきたキリンカップやキリンチャレンジカップなどに思いを馳せてみた。筆者以外にはまったく面白くない内容かもしれないが、コスタリカ戦へ向け、気分を高めるつもりで楽しんでほしい。

 過去の試合を振り返るにあたり、手持ちのチケットコレクションを見直したところ、83年のジャパンカップキリンワールドサッカーのボタフォゴ-ヤマハ(大宮)の半券が出てきた。85年の日本代表-ウルグアイ代表(国立競技場)の半券もあったが、正直この2試合は覚えていない。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【サッカーコラム】キリンと歩んだ日本代表の40年 1978年からサポート