2018.9.9 22:55

バルセロナ、久保建英とともに下部組織を離れた選手たちの現状は?待ち受けていた厳しい現実…

バルセロナ、久保建英とともに下部組織を離れた選手たちの現状は?待ち受けていた厳しい現実…

バルセロナ、久保建英とともに下部組織を離れた選手たちの現状は?待ち受けていた厳しい現実…

バルセロナ、久保建英とともに下部組織を離れた選手たちの現状は?待ち受けていた厳しい現実…【拡大】

 2014年に18歳以下の選手移籍に関して批判を犯したとして処分を受けたバルセロナだが、その処分によって同クラブの下部組織を離れざるを得なかった選手たちは、現在どうしているのだろうか。スペイン『マルカ』がリポートしている。

 バルセロナは2014年4月、18歳未満の選手獲得・登録に関する規定に違反したとして、以降2回の移籍市場での選手移籍を禁止する処分をFIFAから下された。それに伴いFW久保建英含め、規定に抵触していたとされる18歳以下の選手たちが、バルセロナの下部組織を後にしている。

 バルセロナに才能を見込まれた彼らは、現在どうしているのだろうか。そこには、厳しい現実が待ち受けていた。久保以外は全員が18歳になったが、バルセロナ復帰を果たした選手は0人。チームを見つけられず、無所属になっている選手が2人存在している。

 『マルカ』は、当時のバルセロナ下部組織で最も注目を浴びていたMFイ・スンウがイタリア2部のヴェローナに在籍と、トップレベルに到達できていないことに注目する。また唯一成功を収めた選手としては、アヤックスでプレーし、カメルーンのフル代表にも選出されているGKアンドレ・オナナを挙げた。

 久保は来年6月に国際移籍が可能となる18歳に達するが、どのようなキャリアを歩んでいくのだろうか。バルセロナ下部組織を離れた選手たちの現状は、以下の通り。

 GKアンドレ・オナナ(カメルーン、22歳)
 →アヤックス(オランダ)

 DFチャン・ギョリ(韓国、20歳)
 → 浦項スティーラース(韓国)

 FWマキシ・ロロン(アルゼンチン、23歳)
 →無所属

 FWイアン・ポベダ(イングランド、18歳)
 →マンチェスターC下部組織(イングランド)

 FWパトリス・ソウシア(カメルーン、19歳)
 →無所属

 FWボビー・アデカニェ(ナイジェリア、19歳)
 →リバプール下部組織(イングランド)

 FWテオ・チェンドリ(フランス、21歳)
 →ナンシー下部組織(フランス)

 MFペク・スンホ(韓国、21歳)
 →ジローナ下部組織(スペイン)

 MFイ・スンウ(韓国、20歳)
 →ヴェローナ(イタリア)

 FW久保建英(日本、17歳)
 →横浜F・マリノス(FC東京からのレンタル)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. バルセロナ、久保建英とともに下部組織を離れた選手たちの現状は?待ち受けていた厳しい現実…