2018.9.7 15:24

J2首位の町田、C大阪MF山内寛史を育成型期限付き移籍で獲得「覚悟を持ってチームに合流する」

J2首位の町田、C大阪MF山内寛史を育成型期限付き移籍で獲得「覚悟を持ってチームに合流する」

J2首位の町田、C大阪MF山内寛史を育成型期限付き移籍で獲得「覚悟を持ってチームに合流する」

J2首位の町田、C大阪MF山内寛史を育成型期限付き移籍で獲得「覚悟を持ってチームに合流する」【拡大】

 FC町田ゼルビアは7日、MF山内寛史がセレッソ大阪から育成型期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は期間は2018年9月8日から2019年1月31日となる。

 1995年生まれ、現在23歳の山内は國學院大學久我山高校から早稲田大学へ進学し、2017年にC大阪へ加入。昨季はC大阪U-23チームで明治安田生命J3リーグに6試合出場し、2ゴールをマーク。今季はJ3で11試合の出場に加えてトップチームでも出場機会を与えられ、4試合に出場していた。

 山内はC大阪を通じて「この度FC町田ゼルビアに移籍することになりました。セレッソ大阪では、本当に多くのことを学ばせてもらいました。その上で、いまの自分がさらに成長するために今回の決断をしました。シーズン途中でチームを離れることは、セレッソ大阪を支えてくださる方々に申し訳なく思いますが、選手としてもっと成長してきますので、応援よろしくお願いします。ありがとうございました」と感謝の言葉を述べている。

 また、加入する町田を通じては「シーズン途中にFC町田ゼルビアという素晴らしいクラブに加入できることをとても嬉しく感じています。覚悟を持ってチームに合流し、一日も早く勝利に貢献できるように全力でプレーします」と意気込みを語っている。

 町田は今季のJ2リーグで30試合を消化して勝ち点59で首位に立っている。次節は9日にホームで水戸ホーリーホックと対戦する。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. J2首位の町田、C大阪MF山内寛史を育成型期限付き移籍で獲得「覚悟を持ってチームに合流する」