2018.9.7 19:22(1/2ページ)

パストーレを売却して獲得したのはチュポ=モティング?PSGの奇妙な移籍市場

パストーレを売却して獲得したのはチュポ=モティング?PSGの奇妙な移籍市場

パストーレを売却して獲得したのはチュポ=モティング?PSGの奇妙な移籍市場

パストーレを売却して獲得したのはチュポ=モティング?PSGの奇妙な移籍市場【拡大】

 ■移籍市場最終日に起きた謎

 まだ移籍ウィンドウが開く前から、ネイマールはRマドリードへ向かうと盛んに報じられ、その標的はキリアン・ムバッペへと移り、そして再びネイマールに戻ってきた。だがそれから数カ月が経ったいま、2人ともエディンソン・カバーニの両脇でプレーしている。

 ポール・ポグバが、ギャレス・ベイルが、そしてジェローム・ボアテングが(彼の場合は後に実現しかけた)、ダニー・ローズ、イヴァン・ラキティッチ、クリスティアン・エリクセン、ヌゴロ・カンテ、そしてクリスティアーノ・ロナウドまで、パルク・デ・プランス行きに向け荷物をまとめていると伝えられた。

 だが、これはあくまでも夏の移籍ウィンドウでの話だ。常々馬鹿げた噂が立っては消えるものだということを忘れてはいけない。ブラジル人の青年に2億2200万ユーロを費やすことができる金満クラブがある一方で、紙面を売り、クリック数を稼ぐために汗をかく人がいるのだ。

 ■スケールダウンした補強策

 結局は、そうした狂った噂と真逆のものが現実のものとなった。8月31日、PSGはストークからエリック・マキシム・チュポ=モティングをフリーで獲得したのだった。日頃からPSGを追わない人々でさえ目を疑った。「なんだって?」

 確かに記憶をたどれば、トーマス・トゥヘルが率いていた当時のマインツでチュポ=モティングは最高のシーズンを過ごしていた。それを考えれば、そこまでおかしな補強ではない。それでも、40歳のジャンルイジ・ブッフォン獲得が最大のビッグネームというのは、たった2人の選手を獲得するために3億6700万ユーロを費やしたクラブとしてはやはり奇妙というほかない。

 アレックス・サンドロとフェリペ・ルイスを左サイドバック補強のターゲットにしていたが、いくらかグレードは下がるBミュンヘンのフアン・ベルナトを獲得。そして、人気選手であったハビエル・パストーレをローマに売却した。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. フランス
  4. パストーレを売却して獲得したのはチュポ=モティング?PSGの奇妙な移籍市場