2018.9.6 21:48(1/2ページ)

チリ戦中止の森保ジャパン…宿舎周辺で散歩&青空ミーティングを実施

チリ戦中止の森保ジャパン…宿舎周辺で散歩&青空ミーティングを実施

特集:
森保JAPAN
チリ戦中止の森保ジャパン…宿舎周辺で散歩&青空ミーティングを実施

チリ戦中止の森保ジャパン…宿舎周辺で散歩&青空ミーティングを実施【拡大】

 9月6日未明に発生した平成30年北海道胆振東部地震が北海道全域に大きな影響を及ぼしている現状を受け、日本サッカー協会は7日に札幌ドームで予定されていたチリ代表とのキリンチャレンジカップサッカー2018の中止を発表。ロシアで果たせなかったベスト8進出を目指してスタートするはずだった森保一新監督のチームが、想定外の事態に見舞われてしまった。

 午前3時半、大きな揺れに選手たちも目を覚ました。代表スタッフは選手たちの安否を確認するべく、宿舎の部屋をノックして回る。その後、低層フロアの食事会場に集合した選手たちは、午前5時頃まで余震に備えて避難を続けたという。

 一夜明けた6日、同日に予定されていた練習がキャンセルとなり、夕方にはチリ戦の中止が発表。代表選手たちは宿舎の周辺を指揮官を含むチーム全員で散歩し、近くの公園で青空ミーティングを行った。

 宿舎に戻った槙野智章(浦和レッズ)は「(ホテルの部屋が)上層階だったので、とにかくすごく揺れました。試合ができないのは心苦しいですが、何より日常生活を取り戻すことが大事。ホテルで働く皆さんも含めて、自分の生活がある中で、僕たちに時間を割いてくれていることに感謝しなければいけないと思う。台風でも大きな被害がありましたし、とにかく日常生活を取り戻して、北海道の皆さんと日本中に元気を与えることがこれから僕たちにできることだと思う。時間をしっかりと有効に使って、皆さんにそういうメッセージを伝えていければ」と神妙な面持ちで語った。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. チリ戦中止の森保ジャパン…宿舎周辺で散歩&青空ミーティングを実施