2018.9.6 05:03(1/2ページ)

槙野が三刀流で勝利導く!森保J、7日初陣チリ戦

槙野が三刀流で勝利導く!森保J、7日初陣チリ戦

特集:
森保JAPAN
ウオーミングアップで先頭に立ってチームを引っ張る槙野(中央)。おっさんの経験が森保ジャパンを勝利に導く (撮影・蔵賢斗)

ウオーミングアップで先頭に立ってチームを引っ張る槙野(中央)。おっさんの経験が森保ジャパンを勝利に導く (撮影・蔵賢斗)【拡大】

 サッカー・日本代表合宿(5日、札幌ドーム)森保一新監督(50)の初陣となる7日のチリ戦に向け、試合会場で調整。メンバー23人のうちただ一人、W杯ロシア大会のピッチに立ったDF槙野智章(31)=浦和=が“三刀流”でチームを引っ張る決意を示した。〔1〕W杯の経験を伝える〔2〕最終ラインの最年長者として守備の要となる〔3〕メンバー中の最多得点者としてゴールハンターとなる-という3つの役割をこなし、森保ジャパンの初戦を快勝に導く。

 台風21号の影響で強風が吹く屋外と異なり、無風で気温約24度と快適なドーム。冒頭の15分だけ公開された練習のランニングで、DF槙野が先頭に立って「元気出していこう!!」と声を上げた。31歳の“おっさん”の覚悟が伝わった。

 「役割はいろいろありますが、どれもこなしたいですね」

 チリ戦は3バックの左で先発出場が濃厚。この2連戦ではお祭り男としてのムードメーカーだけでなく、3つの大きな役割を背負う。

 右膝痛でMF山口が不参加となり、メンバーの中でW杯ロシア大会のピッチに立った、ただ一人の選手となった。大舞台の経験を初招集の6人を含む平均年齢25・2歳の若き侍に伝えなくてはならない。槙野は「堂安や冨安らが積極的に聞いてくる。質問の質も高いし、物おじしない。ぼくも学ぶことが多い」と、すでに使命を果たし始めている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 槙野が三刀流で勝利導く!森保J、7日初陣チリ戦