2018.9.6 10:01(1/2ページ)

CSKA完全移籍のベガルタ・西村、仙台サポーターに誓った「夢はW杯で優勝」

CSKA完全移籍のベガルタ・西村、仙台サポーターに誓った「夢はW杯で優勝」

特集:
GO!ベガルタ仙台
西村は壮行セレモニーでスタジアムを一周し別れを告げた(撮影・葉山理)

西村は壮行セレモニーでスタジアムを一周し別れを告げた(撮影・葉山理)【拡大】

 仙台の点取り屋が世界へ-。J1ベガルタ仙台のFW西村拓真(21)が、このほどCSKAモスクワ(ロシア)へ完全移籍した。今季、リーグ戦で11得点を挙げる活躍でブレークし、クラブでは初の生え抜き選手として海外へ飛躍する若武者は「日の丸をつけて日本に帰って来られるように頑張る。夢はW杯で優勝すること」と覚悟を示した。

 1日の清水戦(ユアスタ)終了後に行われた、壮行セレモニー。西村がサポーターに熱い思いを伝えた。

 「3年半でしたが、本当に多くの応援とサポートをありがとうございました。日の丸をつけて日本に帰って来られるように頑張ってきます」

 大歓声を浴びながらスタジアムを一周。選手とスタッフから胴上げされ、笑顔で別れを告げた。富山第一高から2015年に加入。入団会見では「ベガルタ仙台で大きな力になって、最終的には海外で活躍したい」。目を輝かせて語った当時の目標を、3年半で達成した。

 「努力家」。西村を語るとき、誰もが口をそろえる言葉だ。練習前には筋トレに励み、居残りのシュート練習は日常風景だ。自らの努力で世界への挑戦権をつかんだ。

 「高卒で入って何もできなくて、監督やスタッフ、選手のみんなが僕のコーチのようにアドバイスをくれた。僕にはコーチがたくさんいた。すごく感謝している」

 今季リーグでは日本人トップの11ゴール。4年目でチームに欠かせない存在へ成長した。そんなときに届いたCSKAモスクワからのオファー。8月25日の川崎戦の前に届き、送られた試合映像を見て移籍を即決した。

【続きを読む】

  • 壮行セレモニーで胴上げされる西村。ベガルタ初の生え抜き選手の海外移籍となった
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. CSKA完全移籍のベガルタ・西村、仙台サポーターに誓った「夢はW杯で優勝」