2018.9.5 16:56

ミュラー、ブンデスリーガ“1強体制”を希望「優勝争いの興奮は少なくていい」

ミュラー、ブンデスリーガ“1強体制”を希望「優勝争いの興奮は少なくていい」

ミュラー、ブンデスリーガ“1強体制”を希望「優勝争いの興奮は少なくていい」

ミュラー、ブンデスリーガ“1強体制”を希望「優勝争いの興奮は少なくていい」【拡大】

 Bミュンヘンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーは、ブンデスリーガを1強体制にすることを望んでいるようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じている。

 ブンデスリーガはバイエルンが6連覇中で、ここ数年圧倒的な強さを発揮。今シーズンも開幕前のスーパーカップでフランクフルトを5-0と一蹴すると、開幕2連勝を飾り、死角は見当たらない。ミュラーは「また先頭に立ち、リーグを支配したい」と話し、このように続けている。

 「僕らにはそのポテンシャルがある。ファンではないわけで、選手なんだ。だから、可能な限り(優勝争いの)興奮は少なくし、しっかりと確保しなければならない」

 続けて、「モチベーションはとても高い。僕らにはスーパーなスカッドがあるし、トップ選手でさえベンチに座るときもあるんだ」とハングリーな姿勢を見せている。

 ブンデスリーガではバイエルンの他、ヘルタ、ウォルフスブルクが連勝。今季のバイエルンを止められるクラブは現れるのだろうか。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. ミュラー、ブンデスリーガ“1強体制”を希望「優勝争いの興奮は少なくていい」