2018.9.4 18:45(1/4ページ)

組み合わせの“勝者”と“敗者”…昨季ファイナリストのコントラスト/欧州CL

組み合わせの“勝者”と“敗者”…昨季ファイナリストのコントラスト/欧州CL

組み合わせの“勝者”と“敗者”…昨季ファイナリストのコントラスト/欧州CL

組み合わせの“勝者”と“敗者”…昨季ファイナリストのコントラスト/欧州CL【拡大】

 

 勝者:Rマドリード

 

 今シーズンは、Rマドリードと新監督ジュレン・ロペテギにとって簡単なシーズンにはなりそうもない。今夏、ジネディーヌ・ジダンとクリスティアーノ・ロナウドが去ったことが大きな痛手であることは否めず、まだふらついている。

 とどのつまり、4連覇できると自信を持って予言できるほど、チームは強化されていない。だが、チャンピオンズリーグの組み合わせ抽選の結果、レアルは死の組を逃れることができた。少なくとも決勝トーナメントには、難なく進出できそうである。

 昨シーズン、レアルはベスト16まで順風満帆というわけにはいかず、トットナムとドルトムントと同組になって、苦戦を強いられた。今回はそれほどの強豪とは同居せず、一番の激戦になりそうなのは、入れ替わりの激しかったローマくらいだろう。

 ロシア・プレミアリーグで2位だったCSKAモスクワは、グループステージ通過を最大の目標としているクラブであり、ヴィクトリア・プルゼニもチャンピオンズリーグの経験はあるものの、レアルならば容易に退けることができるだろう。

 この組は、ロペテギ監督にとって、ヨーロッパ最大の大会でレアルを率いるプレッシャーとの闘いの導入としては易しいものだ。ギャレス・ベイルとマリアーノ・ディアスとしては、クリスティアーノ・ロナウドの代わりにゴールを量産するチャンスが与えられたともと言える。

 

 勝者:クリスティアーノ・ロナウド

 

 代理人らを含む“チーム・ロナウド”は、C・ロナウドがUEFAの最優秀選手賞を逃して、当然気を悪くしただろうが、当の本人はそうでもないのではないか。新天地ユベントスでのグループステージで、これまでチャンピオンズリーグで挙げた120ゴールに上乗せしていく見通しが立ったのだから。

 ユーヴェのジュゼッペ・マロッタCEOによると、グリマルディ・フォーラムでの式典に出席しないという決定は、その日遅くに下されたそうだが、C・ロナウドが約束を破ったのは、元チームメイトのルカ・モドリッチに最優秀選手賞を取られたせいではないかという憶測を呼んだ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 組み合わせの“勝者”と“敗者”…昨季ファイナリストのコントラスト/欧州CL