2018.9.4 14:42(2/4ページ)

【サッカーコラム】将来の森保ジャパン入りが期待される若手をピックアップ

【サッカーコラム】

将来の森保ジャパン入りが期待される若手をピックアップ

特集:
No Ball, No Life
日本代表・森保監督

日本代表・森保監督【拡大】

 まずは鹿島の2人、鈴木優磨(22歳)と安西幸輝(23歳)だ。鈴木優磨はいい意味で我が強いFWで、ゴールに対する強い意欲がある。その意欲が前面に出てしまうことでパスを選択していれば…というシーンもあるが、FWが「自分が点を取ってチームを勝たせる」という気持ちでプレイするのは当然で、ゴールへの貪欲さは常に持ち続けてほしい。ただ、一方では「チームが勝つためには誰が点を取ってもいい」という考え方もあり、プレイ中にいかに最善の選択をしてゴールにつなげられるかがFWには求められる。「鹿島のレギュラーになることが日本代表につながる」というのはよく聞かれる言葉で、鈴木優磨がこのまま鹿島でレギュラーとして活躍を続けたなら、近い将来に日本代表に招集されるだろう。

 安西幸輝は今季から鹿島でプレイするが、良質な選手がそろうなかすぐにフィットし、早い段階で高い評価を得ていた。その後に負傷して戦線離脱していたが、現在は復帰しておもに左サイドバックを務めている。おもにと紹介したのは複数のポジションを高いレベルでこなす能力を持ち、サイドバック、サイドハーフともに左右でプレイできる。縦への推進力がすさまじくあり、運動量が最後まで落ちない。今季第17節柏戦では自陣からダイナミックでドリブル突破を仕掛け、そのまま自分でフィニッシュしてゴールを決めるというディープインパクトを残している。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【サッカーコラム】将来の森保ジャパン入りが期待される若手をピックアップ