2018.9.3 07:01(1/2ページ)

乾フル出場…ベティスが熱狂ダービーで今季初勝利!

乾フル出場…ベティスが熱狂ダービーで今季初勝利!

特集:
乾貴士

 2日のリーガ・エスパニョーラ第3節、ベティス対セビリアのダービーは1-0でベティスの勝利に終わった。ベティスMF乾貴士は先発フル出場を果たしている。

 試合の1週間前からバルの話題の中心に据えられ、試合後には数カ月間にもわたってその結果が話題の種となる--人口70万人のアンダルシア州都セビリアにおいて、フットボールはほかの地域よりも大切なのものなのかもしれない。この都市を二分している緑白の血筋と赤白の血筋が一つのスタジアムで相見える、リーガ、ひいては世界屈指の情熱渦巻くダービーの日がまたやって来た。しかも今回、ベティス本拠地ベニト・ビジャマリンのピッチには乾貴士が立っている。日本代表MFは3-5-2のシステムで、2トップの一角を務めた。

 セビリアも今季から3バックを使用と、3バック同士がぶつかり合う近年では珍しいダービーとなったが、もちろんその激しさは一切変わらない。極めて高いインテンシティーの中で、ベティスがポゼッション、セビリアがカウンターからゴールを狙っていった。8分には、乾が6万人の観客を魅了する。ピッチ中央でボールを受けたベティスの8番は、ロケ・メサを巧みに股抜きでかわして、ペナルティーエリア手前まで突き進んでからからシュート。しかし、これはクロスバーの上へと外れた。

 立ち上がりを過ぎるとセビリアが攻勢を強め、19分にはムド・バスケスがミドルシュートでゴールをうかがったが、これはGKパウ・ロペスがセーブ。一方のベティスは39分、グアルダードの絶妙なフィードからカナレスが最終ラインを抜け出してネットを揺らしたものの、これはオフサイドの判定となった。乾は43分にダービーの洗礼を受ける。自陣でボールを受けようとした際に、後方から勢いよく滑り込んできたメルカドに倒された。メルカドはこのプレーでイエローカードを提示されている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. 乾フル出場…ベティスが熱狂ダービーで今季初勝利!