2018.9.3 12:27

ナポリ3失点完敗…指揮官は選手の姿勢問題視「前半をプレゼントした」

ナポリ3失点完敗…指揮官は選手の姿勢問題視「前半をプレゼントした」

ナポリ3失点完敗…指揮官は選手の姿勢問題視「前半をプレゼントした」

ナポリ3失点完敗…指揮官は選手の姿勢問題視「前半をプレゼントした」【拡大】

 ナポリは2日、セリエA第3節でサンプドリアとアウェーで対戦したが、0-3で完敗した。ナポリ指揮官のカルロ・アンチェロッティは試合終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに対し、敗戦の弁を述べた。

 ナポリはシーズン開幕からラツィオ、ACミランを相手に逆転で連勝を収めていたが、サンプドリア戦ではFWグレゴワール・デフレルにドッピエッタ(1試合2得点)を許すなど0-3で屈した。アンチェロッティは敗因を分析している。

 「これまでの2試合と同じような試合の入り方だったのは明白だった。あのときは状況を覆すことができたが、今日はそれができなかった。後半のインテンシティは高かったが、前半は相手にプレゼントしてしまった」

 「開始直後から高いプレッシャーをかけるようにしていたが、対応が遅い時もあった。特に姿勢の問題と言える。正しいタイミングで行えなければ、守備が苦境に陥るのも当然だ。終盤、神経質になることはあり得るが、前半のあの姿勢は問題だ」

 ナポリはリーグ戦において、これで合計6失点となった。守備が課題とされるが、指揮官は戦術面での変更を検討していないようだ。

 「ゲームの組み立て方やフォーメーションを変える必要はないが、もっと上手く守らなければならない。特に試合の前半は、もっと注意深く集中力を高めなければならない。また両サイドから攻勢を仕掛けるつもりで試合を準備してきたが、サイドバックの活躍があまりなかった。問題はメンタル面、姿勢の問題だ」(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. ナポリ3失点完敗…指揮官は選手の姿勢問題視「前半をプレゼントした」