2018.9.2 09:50

覚醒ベンゼマ、C・ロナウドと同ペースでゴール量産

覚醒ベンゼマ、C・ロナウドと同ペースでゴール量産

覚醒ベンゼマ、C・ロナウドと同ペースでゴール量産

覚醒ベンゼマ、C・ロナウドと同ペースでゴール量産【拡大】

 1日のリーガ・エスパニョーラ第3節、Rマドリードは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのレガネスに4-1で勝利した。ジュレン・ロペテギ監督は試合後、自チームのパフォーマンスに満足感を表している。

 ロペテギ監督就任からパス回しを主体としたフットボールを実践するRマドリード。この試合ではMFトニ・クロースに加えて、MFルカ・モドリッチが先発復帰し、両者を軸に華麗なフットボールを披露し、MFガレス・ベイル、FWカリム・ベンゼマ(2得点)、DFセルヒオ・ラモス(PK)がゴールを決めている。

 試合後会見に出席したロペテギ監督は、次のような感想を述べた。

 「私たちは良いパフォーマンスを見せた。1-1とされたことで少し焦ってしまったが、後半のプレーは見事なものだった」

 「私たちはこれからもっと練習に励み、チームとしてのスピリットを示していく。選手たちは私が求めることを理解しており、それを実行するキャパシティーもある。現在のチーム評価? 評価はシーズン終了後に下すものだ。今は彼らの働く意欲、情熱を心に残しておく」

 ロペテギ監督はこの試合でGKケイロール・ナバスをベンチに置き、ついにGKティボ・クルトワを起用した。

 「今日の試合でクルトゥワを起用することは決まっていた。が、これ以上は何も話さない。私たちには3人の素晴らしいGKがいて、そのことを素晴らしい解決法として扱っていく」

 「ケイロールは前節ジローナ戦で良いプレーを見せ、なおかつUEFAのベストGKにも輝いた。決断のベースはピッチ上にあるが、私たちはある考えを実践していくことになる」

 FWクリスティアーノ・ロナウドが去り、純粋な点取り屋として振る舞うベンゼマは今季リーガで4得点を記録と、Rマドリードの前エースように1試合1点以上のペースで得点を重ねている。ベンゼマが得点王になれる可能性を問われたロペテギ監督は、次のように返した。

 「なぜダメなんだ? 30~40ゴールを決められない理由がない。しかしカリムは、そうすべきという義務を背負っているわけではないんだよ。彼はチームの一選手なのだからね。ゴールの記録はチーム全体の仕事にほかならない」(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. 覚醒ベンゼマ、C・ロナウドと同ペースでゴール量産