2018.9.2 09:46

アトレティコ、セルタに完敗…シメオネ政権下最低のシーズンスタート

アトレティコ、セルタに完敗…シメオネ政権下最低のシーズンスタート

アトレティコ、セルタに完敗…シメオネ政権下最低のシーズンスタート

アトレティコ、セルタに完敗…シメオネ政権下最低のシーズンスタート【拡大】

 1日のリーガ・エスパニョーラ第3節、Aマドリードは敵地バライドスでのセルタ戦を0-2で落とした。

 グリーズマンが残留をし、さらにルマルやロドリゴも獲得したことで“クラブ史上最強”の陣容となったとされたアトレティコ。しかし、このガリシアでの一戦で完敗を喫してしまう。

 アトレティコは攻撃時3-4-3、守備時5-4-1になるセルタを相手に、攻撃の糸口を見つけることができない。そして46分にはゴディンのスリップからマキシ・ゴメスの先制点を許し、その7分後にはイアゴ・アスパスに追加点を決められている。

 シメオネ監督は温存していたルマルのほかカリニッチ、アリアスをデビューさせて打開を図ったが、シュートに持ち込むことすらできず。結局、無得点のまま敗れ去った。

 アトレティコのリーガ第3節までの成績は1勝1分け1敗で、獲得した勝ち点が4だけというのは、シメオネ政権下においては最低の成績となる(これまでの最低成績は2勝1敗の勝ち点6獲得)。“史上最強”と称されるアトレティコだったが、苦々しい思いでインターナショナルウィークを迎えることになった。(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. アトレティコ、セルタに完敗…シメオネ政権下最低のシーズンスタート