2018.9.2 07:55(1/2ページ)

クルトワ出場レアルが4発快勝!C・ロナなしでも本拠地はお祭りムード

クルトワ出場レアルが4発快勝!C・ロナなしでも本拠地はお祭りムード

クルトワ出場レアルが4発快勝!C・ロナなしでも本拠地はお祭りムード

クルトワ出場レアルが4発快勝!C・ロナなしでも本拠地はお祭りムード【拡大】

 1日のリーガ・エスパニョーラ第3節、Rマドリードは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのレガネス戦に4-1で快勝した。

 Rマドリードがベルナベウで戦う今季2試合目だが、ロペテギ監督がついに決断を下した。スタジアムの紹介アナウンスで最初に名が呼ばれたのは、背番号1のケイロール・ナバスではなく、背番号25のクルトワ。ここ数シーズン固定だった守護神が、ついに入れ替わっている。前スペイン代表指揮官はまた、イスコの代わりにモドリッチを先発復帰させて、GKクルトワ、DFカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ、MFモドリッチ、カセミロ、クロース、FWベイル、ベンゼマ、アセンシオを起用している。

 ロペテギ監督となって飛躍的にパス数が増えたRマドリードは、この試合でもボールを回しながら試合を支配。クロース、そしてモドリッチを軸として菱形にパスコースを確保しながらレガネスゴールにじりじりと迫っていく。そうして先制点を決めたのは17分のこと、得点者はここまでクリスティアーノ・ロナウドの後継を見事引き受けているベイルだ。クロースのロングフィードをペナルティーエリア内右のカルバハルが頭で中央に折り返し、ウェールズ代表MFが絶妙な右足ボレーでクエジャールを破っている。

 ベイルはRマドリードの公式戦ここ10試合で10得点を記録。リーガではスペイン到着から初となる5試合連続得点となった。

 先制に成功したRマドリードだったが、ここからレガネスの反撃に遭い、23分にはカセミロがエラソを倒してPKを献上。クルトワはキッカーのカリージョのシュートを止めることができず、スコアをタイに戻された。Rマドリードはその後もボールを大切に扱いながら攻め続け、42分にはアセンシオの浮き球のパスに反応したベンゼマが難しい角度からシュートを放ったが、これはクエジャールに弾かれる。試合は1-1のまま折り返しを迎えた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. クルトワ出場レアルが4発快勝!C・ロナなしでも本拠地はお祭りムード