2018.9.2 17:37(1/4ページ)

森保U-21の変化…ベトナムに力負けしたチームが「ガチの韓国」と渡り合えた理由/アジア大会

森保U-21の変化…ベトナムに力負けしたチームが「ガチの韓国」と渡り合えた理由/アジア大会

特集:
アジア大会
森保U-21の変化…ベトナムに力負けしたチームが「ガチの韓国」と渡り合えた理由/アジア大会

森保U-21の変化…ベトナムに力負けしたチームが「ガチの韓国」と渡り合えた理由/アジア大会【拡大】

 1-0で辛勝した8月14日のグループステージ第1戦・ネパール戦から、9月1日の決勝・韓国戦まで重ねた試合は7試合。ベトナムに「力強さ負け」したチームが、決勝では準A 代表とも言える韓国と渡り合った。この変化の理由はどこにあるのか。そしてこの世代の今後の強化プランは?大会を密着取材してきた川端暁彦氏がレポートする。

 ■プレミアリーグの選手を相手に自分を試す

 120分を経ての決着だった。インドネシアのパカンサリ・スタジアムに主審のホイッスルが鳴り響いた瞬間、日本の銀メダルが確定した。

 アジア競技大会男子サッカー決勝戦。史上初めてファイナルでの日韓戦となったこの対決は、2年後の東京五輪を目指して活動するU-21日本代表の選手たちにとって紛れもないチャレンジだった。

 相手は2歳年長のU-23代表をベースに、FWイ・スンウ(ヴェローナ)やFWファン・ヒチャン(ハンブルク)といった欧州組の選手たちもそろえるラインナップ。オーバーエイジ選手にもFWソン・フンミン(トットナム)らA代表級の実力者たちが招かれていた。

 一方の日本はそもそも1クラブ1名まで、しかもU-19年代の選手は除外という制限下でしか選手を招集できておらず、オーバーエイジ選手や欧州組は起用していない。「U-21」というくくりで考えてもベストオーダーではなかった上に、大会に入ってから負傷者や体調不良者が重なり、満身創痍に近い状態でこの決戦に臨んでいた。

 ただ、選手たちの空気感は前のめりだった。

 「プレミアリーグでやっている選手を相手に自分を試せる」と守備陣が色めき立ち、一泡吹かせてやるというチャレンジャーのマインドを共有していた。個々に関して実力差があることは百も承知なので、相手にボールを支配され、押し込まれる流れになることはむしろ前提と受け入れ、戦術的にも心理的にも準備万端の状態だった。

 「プロになっている以上、年は関係ない」とDF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)が言い切ってみせたように、年齢差を言い訳にする考えもない。

 当初4強入りを一つの目安として掲げていた森保監督は、メンバー集合後に「選手たちが本気で金メダルを獲りたいと言ってくれた」と目標を優勝に上方修正。韓国はその目標を立てた時点から「対戦してみたいと思ってきた」(MF渡辺皓太/東京ヴェルディ)ターゲットだった。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 森保U-21の変化…ベトナムに力負けしたチームが「ガチの韓国」と渡り合えた理由/アジア大会