2018.9.2 17:34

大活躍の大迫を現地メディア絶賛!チーム最高点に「開始直後から危険であり…」

大活躍の大迫を現地メディア絶賛!チーム最高点に「開始直後から危険であり…」

特集:
大迫勇也
大活躍の大迫を現地メディア絶賛!チーム最高点に「開始直後から危険であり…」

大活躍の大迫を現地メディア絶賛!チーム最高点に「開始直後から危険であり…」【拡大】

 ブレーメン移籍後ブンデスリーガ初ゴール挙げたFW大迫勇也は、現地でも絶賛されているようだ。地元メディア『WESER KURIER』が伝えた。

 1日に行われたブンデスリーガ第2節で、フランクフルトと対戦したブレーメン。20分に大迫の先制点でリードを奪い、その後相手が前半のうちに退場者を出して数的優位を手にする。しかしその後追いつかれ、ドロー決着に思われたが、後半アディショナルタイムにミロット・ラシカが劇的な直接FKを決め、今季初勝利を手にした。

 ブレーメン加入後公式戦3試合連続の先発出場となった大迫は、20分に見事な動き出しでパスを呼び込み、先制点を奪う。その後もチャンスメイクに大きく貢献し、60分には再びネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールに。フル出場を果たし、終始存在感を示し続けていた。

 そんな日本代表FWを、『WESER KURIER』を高く評価。「ユウヤ・オオサコがその日最高点を記録」とし、チームトップタイの「2」と評した。

 「開始直後から危険であり、デュエルでは活気にあふれていた。完璧に冷徹な先制点を決め、ハーフタイム後にもネットを揺らした」

 なお、同率1位はDFミロス・ベリコビッチとなっている。

 1986年に大先輩である奥寺康彦氏が得点して以来、ブレーメンでリーグ戦ゴールを挙げた日本人選手となった大迫。背番号8は、早くもチームの中心選手となったようだ。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 大活躍の大迫を現地メディア絶賛!チーム最高点に「開始直後から危険であり…」