2018.9.1 11:57

元ブラジル代表FW、アルコール漬けのインテル時代告白

元ブラジル代表FW、アルコール漬けのインテル時代告白

元ブラジル代表FW、アルコール漬けのインテル時代告白

元ブラジル代表FW、アルコール漬けのインテル時代告白【拡大】

 元ブラジル代表のアドリアーノ氏が、ブラジル誌『R7』のインタビューに応じ、インテルミラノ時代の荒くれた過去を明かした。

 “インペラトーレ(皇帝)”ことアドリアーノ氏は現役時代、故郷ブラジルのほか、インテルミラノなどセリエAを舞台に活躍した。だがイタリアではアルコールを手放せず、辛い日々を送っていたことを告白した。

 「ミラノでは一人で寂しく、うつ状態だった。アルコールを飲んでいるときだけが幸せになれる瞬間で、毎晩のように飲んでいた。助けてくれる友人はいなかった。父が亡くなってから私がどれほど苦しんだかなんて、誰にも分からないだろう。私はボロボロになってしまった。それから孤立して、さらに状況は悪化した。こうして飲むことを覚えた」

 「ウィスキーやワイン、ウォッカにビール。特にビールは大量に飲んだ。止められなかった。これが唯一、前へ進んでいくためにできることだった。インテルミラノの練習には、いつも酔っぱらったまま向かっていた。自分の状態をどう隠したら良いか分からず、欠席するのも嫌だった。こんな状態だったので、スタッフに医務室へ連れて行かれて寝かされた」

 元ブラジル代表FWは、クラブが擁護してくれたことを認めつつ、交友関係を誤ったことを明かしている。

 「インテルミラノは私のことをかばってくれた。メディアには『私がケガをしている、筋肉系のトラブルを抱えている』と伝えてくれていた。問題は私の周りを取り囲む人たちだった。友人たちに連れられてパーティーへ通い、女性やアルコール以外何も考えることはなかった。ブラジルに戻って来たことで、金銭的には譲歩することになったが、幸せを見つけることができた」(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. 元ブラジル代表FW、アルコール漬けのインテル時代告白