2018.8.31 17:36

ローマのトッティ氏、レアルとの対戦を心待ち「ワクワクした180分間になる」

ローマのトッティ氏、レアルとの対戦を心待ち「ワクワクした180分間になる」

ローマのトッティ氏、王者レアルとの対戦を心待ち

ローマのトッティ氏、王者レアルとの対戦を心待ち【拡大】

 2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)組み合わせ抽選会が30日、モナコで行われた。グループGにおいて、CL3連覇中のRマドリードと対戦することが決定したローマのフランチェスコ・トッティ氏は、王者との一戦を警戒。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。

 昨シーズン、CL準決勝に進出したローマは、組み合わせ抽選会の結果、グループGでRマドリード、CSKAモスクワ(ロシア)、ヴィクトリア・プルゼニ(チェコ)と対戦する。トッティ氏は自身の見解を述べつつ、初戦で対戦する王者Rマドリードとの一戦を心待ちにした。

 「ピッチではすべてが起こり得る。どんな対戦相手も過小評価するべきではない。Rマドリード戦は、ワクワクした180分間になるだろう。今夏の(クリスティアーノ)ロナウドの移籍により失ったものは大きいと思うが、それでも常に数多くのトップ選手が在籍している。前回王者がどのような戦いを見せるのか楽しみだ。決勝はマドリーで行われるので、戻って来られるかと考えると素晴らしい挑戦になる。我々は競争力のあるチームであり、昨シーズンと比較しても戦力は落ちていないと考えているので、トライしたい」

 一方、モンチSD(スポーツディレクター)は、“死の組”を回避したことに胸をなでおろした。

 「正直もっと酷い抽選結果になる可能性もあったと思う。だがすべての対戦相手をリスペクトし、Rマドリードだけを考えるべきではない。さもなければ痛い目に遭うことになる。CSKAモスクワには、ロシア代表選手が数多く所属しており、CLで戦うのも当然、今回が初めてではない。ヴィクトリア・プルゼニはあまり知られていないが、ビッグクラブを困難に陥れ、サプライズを起こそうと意気込んでいるだろう」(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. ローマのトッティ氏、レアルとの対戦を心待ち「ワクワクした180分間になる」