2018.8.31 10:01(1/2ページ)

ベガルタ・野津田、“ただいま弾”宣言!9・1清水戦「ゴールを奪いたい」

ベガルタ・野津田、“ただいま弾”宣言!9・1清水戦「ゴールを奪いたい」

特集:
GO!ベガルタ仙台
右太もも裏の故障から復帰した野津田(左、撮影・葉山理)

右太もも裏の故障から復帰した野津田(左、撮影・葉山理)【拡大】

 サッカーJ1で8位のベガルタ仙台は9月1日、ホーム(19時、ユアスタ)で11位の清水エスパルスと対戦する。チームは30日、仙台市泉区の泉サッカー場で約1時間の練習を行い、右太もも裏の肉離れで離脱していたMF野津田岳人(24)が紅白戦で主力組に入り、軽快なプレーを披露した。

 頼もしい男がピッチに帰ってきた。紅白戦の1本目で主力組に入った野津田は、攻守に動き回った。

 「シーズン中にこれだけ長い間、けがで離脱したのは初めて。今までのストレスや(試合に)出たいという気持ちを、試合で早く爆発させたい」

 リーグ前半戦では14試合に出場し、正確なビルドアップと豊富な運動量で攻守に活躍。渡辺晋監督(44)にとって野津田は中盤のファーストチョイスで、チームの心臓といえる存在だった。

 だがリーグ戦再開直前の7月中旬に負傷し、右太もも裏の肉離れで全治6週間と診断された。以後は地道にリハビリを続け、今月28日から全体練習に合流した。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. ベガルタ・野津田、“ただいま弾”宣言!9・1清水戦「ゴールを奪いたい」