2018.8.30 18:23(1/2ページ)

森保ジャパン、アギーレ&ハリル体制初陣との違いは?年齢はW杯から3歳若返り

森保ジャパン、アギーレ&ハリル体制初陣との違いは?年齢はW杯から3歳若返り

特集:
ハリル監督解任
森保ジャパン、アギーレ&ハリル体制初陣との違いは?年齢はW杯から3歳若返り

森保ジャパン、アギーレ&ハリル体制初陣との違いは?年齢はW杯から3歳若返り【拡大】

 日本サッカー協会(JFA)は30日、9月のキリンチャレンジカップ2018の2連戦に臨む日本代表メンバー23人を発表した。森保一監督は現在、インドネシアで開催されている第18回アジア競技大会に参加しているU-21日本代表の指揮を執っているため、インドネシア現地から発表することになった。

 会見で森保監督は「リオ五輪世代より下の年代の選手に関しては、海外でプレーしている選手も、その立ち位置や状況を踏まえながら招集させてもらった」と語ったように、8人招集された海外組の全選手がリオ五輪世代より下の世代に。とりわけ堂安律、伊藤達哉、冨安健洋に関しては2020年の東京五輪を目指す世代でもあり、大幅なメンバー刷新を図った形だ。

 その上で「ロシアW杯に出ていた選手で、基本的に海外でプレーしている選手の招集は今回は見送った」と、W杯で2大会ぶりベスト16進出の原動力となった香川真司や乾貴士、吉田麻也といった選手の招集は見送られた。

 ■アギーレ、ハリル体制との違いは?

 2014年のブラジルW杯後に発足したハビエル・アギーレ体制では、招集メンバー23人のうち、ブラジルW杯を戦った12人を招集。既存戦力の色が強かった。初選出は坂井達弥(現山形)、松原健(現横浜FM)、森岡亮太(現アンデルレヒト)、皆川佑介(現熊本)、武藤嘉紀(現ニューカッスル)の5人で、平均年齢は25.4歳だった。

 そして、アギーレ氏の後任として途中就任したヴァイッド・ハリルホジッチ新体制では、バックアップメンバーを含めた総勢43人を選出。しかし、初招集は藤春廣輝(G大阪)のみだった。アギーレ前体制から続いて招集されたメンバーは18人にのぼり、こちらも既存戦力の色が強い選考だった。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 森保ジャパン、アギーレ&ハリル体制初陣との違いは?年齢はW杯から3歳若返り