2018.8.30 14:12

森保監督、アジア大会メンバーからの追加招集を示唆「心情的にはあります」

森保監督、アジア大会メンバーからの追加招集を示唆「心情的にはあります」

特集:
アジア大会
森保監督、アジア大会メンバーからの追加招集を示唆「心情的にはあります」

森保監督、アジア大会メンバーからの追加招集を示唆「心情的にはあります」【拡大】

 日本代表を率いる森保一監督が30日、初陣となる9月の国際親善試合に向けた日本代表メンバーを発表した。同監督は、現在戦っているアジア大会のメンバーからの追加招集を示唆している。

 日本は、9月7日にチリ代表戦(札幌ドーム)、そして同11日にコスタリカ代表戦(パナソニックスタジアム吹田)を行う。現在、U-21日本代表を率いてアジア大会に参戦中の森保監督は、遠征先のインドネシアでフル代表メンバーを発表。フローニンゲンの堂安律やサンフレッチェ広島の佐々木翔、シント=トロイデンの冨安健洋、ハンブルガーSVの伊藤達哉らを初招集した。

 会見冒頭、「A代表の監督としては初の試合となりますが、日本代表を応援してくださるみなさまに応援していただけるように戦っていきたい」と意気込みを語った森保監督は、続けて選ばれた選手たちについて、「選手個々の力、自分の持っているものを発揮してほしいと思いますし、勝ちにこだわってチームのつながりをもってチリ、コスタリカ戦の戦いに挑んでいただきたいなと思う」とコメント。そして、現在戦っているアジア大会のメンバーから、大会終了後に追加招集する可能性を尋ねられると、以下のように口にした。

 「私の心情的にはあります。若い世代の底上げをして、A代表としての力をつけてほしい。日本のサッカーのレベルをあげてほしい。おっしゃる通り、決められた枠のなかで可能性のある選手を招集するのはもちろんですけど、いろんな刺激を受けてもらう環境づくりもできればと思っています」(Goal.com)

代表メンバーへ試合日程へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 森保監督、アジア大会メンバーからの追加招集を示唆「心情的にはあります」