2018.8.30 05:02(1/2ページ)

森保U-21、UAE撃破し「金」王手! 9・1決勝は韓国と/アジア大会

森保U-21、UAE撃破し「金」王手! 9・1決勝は韓国と/アジア大会

特集:
アジア大会
後半に上田が値千金の一発。日本は2大会ぶりの優勝に王手をかけた (撮影・松永渉平)

後半に上田が値千金の一発。日本は2大会ぶりの優勝に王手をかけた (撮影・松永渉平)【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会第12日(29日、インドネシア・チビノンほか)サッカー男子の準決勝で、2020年東京五輪世代のU-21(21歳以下)で臨む日本はアラブ首長国連邦(UAE)を1-0で退け、9月1日の決勝に進んだ。2大会ぶりの優勝を狙い、2連覇を目指す韓国と対戦する。フル代表と兼任の森保一監督(50)が率いる日本は、後半33分に途中出場のFW上田綺世(あやせ、20)=法大=が得点し、逃げ切った。韓国はベトナムに3-1で勝った。

 粘りが身上のUAEを精神力で上回り、日本が終盤に決勝へのゴールをこじ開けた。

 「自分の仕事は理解しているつもり。それを成し遂げられてよかった」

 値千金の決勝点を決めたFW上田は派手にガッツポーズし、仲間と抱き合った。

 待望の得点は執念を感じさせるプレーから生まれた。後半33分。ゴール前でいったん相手にボールが渡ったが、これをMF渡辺がスライディングで奪い返す。すぐさま左前方の上田にパスを通すと、思い切りよく打った一撃がクロスバーに当たってゴールに吸い込まれた。

 MF岩崎やFW旗手、FW前田が次々と決定機を逃し、流れは悪かった。それでも「タフさや、気持ちの面で上回っている方が勝つ」と意気込んでいたDF立田らが集中を切らさず、無失点で引き締めていたことが効いた。

 「選手たちが集中力を切らさずタフに戦った。韓国戦は自分たちの力を全部ぶつけて、金メダルを獲得できればと思う」

【続きを読む】

  • 前半、指示を出す森保一監督=インドネシア・ボゴールのパカンサリ競技場(撮影・松永渉平)
  • サッカー男子・U-21日本代表アジア大会成績と今後の日程
  • サッカー男子・U-21日本代表メンバー
  • 後半、ゴールを決めた上田綺世=インドネシア・ボゴール(撮影・松永渉平)
  • 後半、ゴールを決める上田=インドネシア・ボゴール(撮影・松永渉平)
  • 後半、ゴールを決める上田=インドネシア・ボゴール(撮影・松永渉平)
  • 後半、シュートを放つ前田=インドネシア・ボゴール(撮影・松永渉平)
  • 後半、競り合う原=インドネシア・ボゴール(撮影・松永渉平)
  • 後半、競り合う杉岡=インドネシア・ボゴールのパカンサリ競技場(撮影・松永渉平)
  • 前半、シュートを外した岩崎悠人=インドネシア・ボゴールのパカンサリ競技場(撮影・松永渉平)
  • 前半、競り合う岩崎悠人=インドネシア・ボゴールのパカンサリ競技場(撮影・松永渉平)
  • 前半、シュートを放つ遠藤=パカンサリ競技場(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 森保U-21、UAE撃破し「金」王手! 9・1決勝は韓国と/アジア大会