2018.8.28 12:00(1/2ページ)

【サッカーコラム】浦和の槙野が三軒茶屋で“高地トレ” シックスパッドトレなど飽くなき向上心

【サッカーコラム】

浦和の槙野が三軒茶屋で“高地トレ” シックスパッドトレなど飽くなき向上心

特集:
No Ball, No Life
浦和・槙野

浦和・槙野【拡大】

 【No Ball,No Life】J1浦和のDF槙野智章(31)が8月27日、東京・代官山で行われたイベントに参加。前日26日はアウェー名古屋戦にフル出場した男が、元気な姿で登場した。

 7月26日に代官山にオープンした、近未来型EMSトレーニングジム「SIXPAD STATION 代官山」で行われたイベントで、槙野は専用のトレーニング・ギアを装着し、トレーナーの指示で実際にトレーニングを敢行。シックスパッドは、あのクリスティアーノ・ロナウドがイメージキャラクターを務め、日本でもおなじみのマシン。簡単に言えば、シックスパッドを装着しながら約15分間、室内でトレーニングするというものだ。

 ただ装着しているだけでも、筋肉に相当な負荷がかかる。槙野は「これはすごい。効くね。毎日のトレーニングに取り入れたい」と笑った。それにしても、肉体強化にかける向上心は、衰えを知らない。

 昨年6月からは、高地トレーニングを積んでいる。三軒茶屋にある『ハイアルチ三軒茶屋スタジオ』で、海外組に負けない体力強化に励んだ。その結果、ロシアW杯中断期間前までの国内公式戦“9連戦”をフル出場した。槙野の体を作り上げた低酸素ルームで、記者も実際に走り込みを敢行してみた!!

 三軒茶屋駅から徒歩1分。国道246沿いにある高地トレーニングスタジオ『ハイアルチ』。お祭り男の“肉体改造”に成功した秘密基地が、ここだ。

 「宇賀神さんも、行ってみたらどうですか。どうせ最初はうまく走れないと思いますけど…」

 ここまで言われたら、やるしかない。52歳の肉体に鞭を打ち、三軒茶屋に降り立った。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【サッカーコラム】浦和の槙野が三軒茶屋で“高地トレ” シックスパッドトレなど飽くなき向上心